テレビのある空間に合わせて選べる壁面収納。

床から天井まで、お部屋の横幅を最大限に有効活用できるシンプルで「見せる収納」。
テレビを設置するための開口部は大きさに合わせて2種類から、開口部のヨコの位置も選ぶことができます。
本棚の部分はA4までの本や美術書や画集などの大型本、LPレコードなどを収納できます。
リビングはもちろん、寝室などテレビのある空間に合わせて、タテ・ヨコの大きさを選べる壁面収納です。

スタッフ画像1

ご希望の高さ開口部の大きさをお選びください。

       
テレビサイズ
〜26インチ 〜43インチ 〜65インチ

タテ(高さ)

1720mm
5コマ

ヨコ:3〜7コマ/開口部:2×2コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図1

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:3〜7コマ/開口部:2×3コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図2

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:3〜7コマ
テレビ開口部:2×2コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図3

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:3〜7コマ
テレビ開口部:2×3コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図4

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

2060mm
6コマ

ヨコ:7コマ/開口部:3×5コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図5

詳細を見る

ヨコ:7コマ
テレビ開口部:3×5コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図6

詳細を見る

2400mm
7コマ

ヨコ:3〜7コマ/開口部:2×2コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図7

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:3〜7コマ/開口部:2×3コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図8

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:7コマ/開口部:3×5コマ
/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図9

詳細を見る

ヨコ:3〜7コマ
テレビ開口部:2×2コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図10

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:3〜7コマ
テレビ開口部:2×3コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図11

ヨコのコマ数とテレビ位置を選ぶ

ヨコ:7コマ
テレビ開口部:3×5コマ/DVD開口部:1×2コマ/奥行き:350mm

壁面収納テレビイラスト図12

詳細を見る

セクション区切りのボーダー

テレビ開口部付き壁面収納の活用ポイント

職人さん画像1開口部は3種類から
選べます。

26インチまでのテレビなら2×2コマの開口部、43インチまでのテレビなら2×3コマ、65インチまでのテレビなら3×5コマの開口部の壁面収納をお選びください。
それ以上の大きさのテレビを入れたい場合は、ご相談ください。

職人さん画像2開口部の位置
選べます。

リビングのどこに置くかで、テレビを置きたい位置も変わってきますよね。OSAMARUの壁面収納は、テレビの開口部の位置を自由に決めることができます。

職人さん画像3本棚にはA4の本が
すっきり入ります。

コマ1つの大きさは、325mm×325mm。A4タテ(297mm)の本や書類がゆとりを持って入ります。
それ以上のタテの大きさが欲しいときには、ご相談ください。コマの位置によっては、コマとコマを結合することもできます。

職人さん画像4背板の補強材で収納を
無駄にしません。

左上、左下、右上、右下の4つの角には、背板が入る仕様になっています。(高さが低い商品の場合は、2つの角の場合もあります)これによって、商品の強度と耐久性を向上させています。
また、背板が入ったコマにも収納が可能です。無駄なコマはひとつもありません。

職人さん画像5タテ板の安定性が増して、
取り外せる底板

一番左、一番右の底板以外は、すべて取り外せる仕様になっています。この底板によって、タテ板の歪みを抑えて、安定性を高める役割を果たしています。
また、取り外せるため、ホコリなどがたまりやすい、一番下の部分のお掃除が非常に楽に行えます。日常の使い方を考えたうれしい仕様です。

職人さん画像6可動棚がついているので、
細かなタテ幅の調整が可能。

タテ2コマの間の板の中で、3段階に50mmずつタテに動かすことができる可動棚がついています。
1コマあたりタテ325mmですが、ちょっと高さが足りない時、逆にちょっと高すぎる時の、細かな調整が可能です。
可動棚は、左右の両端1カ所ずつに設置されています。

職人さん画像7R加工で天井いっぱい
まで設置できます。

商品を組み立てる際には、最初寝かした状態で組み立てて、起こす流れになります。そのため、起こす際に天井ギリギリだと起こすことができないため、通常は5cm以上の余裕を持ってもらう必要があります。
R加工をすると、それが3cm以上の余裕があれば可能になり、より天井いっぱいの壁面収納が実現します。

職人さん画像8コーナー収納なら、L字に
壁面収納がつながります。

家具などをレイアウトするときに、壁のコーナー部分をどうするかは、難しいものです。
OSAMARUでは、同じコマ数、同じ高さで壁面収納どうしをL字につなぐことができる、コーナー収納もご用意しています。
壁の一角がすべて収納になるだけで、収納力も抜群に上がりますし、無駄のない綺麗なオフィスも実現できます。

セクション区切りのボーダー

壁面収納

壁面収納OSAMARUロゴ画像 が選ばれる6つの理由

壁面収納OSAMARUバリエーション画像

1.欲しいサイズにぴったり合うバリエーション

正方形のマスの数で幅・高さを
自由に決められるバリエーションをご用意しました。

シンプルデザイン画像

2.シンプルなデザイン

ナチュラル系の色合いでどんな部屋にも調和し、
収めるモノを引き立てます。

耐久性画像

3.耐久性と使いやすさを両立

4つの角に耐久性を上げる背板を設置。
背板のため、4つの角も収納として使えて、無駄がありません。

組み立てかたの画像

4.一人でも組み立てが簡単

届いた木材を決められた順番にはめ込んでいけば完成。
女性一人でも十分に組み立てられます。

R加工技術画像

5.R加工で天井いっぱいまで

OSAMARU独自のR加工によって、
より天井ギリギリまでの設置が可能になります。

ローコスト画像

6.木材屋だからこそできるローコスト

木材の仕入れ、設計、加工まで行える私たちだから、
お求め安い価格を実現できました。

壁面収納

は一人で組み立てられます!

壁面収納OSAMARUの組み立て方

テレビ開口部付き壁面収納のアイデア・事例集

OSAMARU販売員画像

ご希望の壁面収納がなかったらこちらをご覧ください。

OSAMARUオーダーメイド画像

OSAMARUオーダーメイド

セクション区切りのボーダー

壁面収納を探す

利用シーンで探す

page
top