テレビ開口部付きのアイデア事例集

壁面収納にテレビが入る「家族サイズ」の大容量で床面スッキリのリビングに

お部屋にモノが増えてくると、収納場所を探すようになります。
探して見つかるうちはいいのですが、見つからなくなってくると困りものです。

実は、家の中には使いづらいが為に使われていないスペースがたくさんあります。
特にテレビの上はどうしても有効活用しにくい空間が生まれてしまいます。

こういった使いづらいスペースの活用の一つの答えが「壁面収納」です。

壁面収納OSAMARUでは天井まで届く大容量を実現し、しかもテレビも収容できるタイプもご用意しています。

「収納家具」と「テレビ台」をそれぞれ用意するという費用もスペースも不用です。

壁面収納OSAMARUはその名の通り、壁面を収納に変えて収めることができるので、壁全体が収納になります。

もうモノの置き場所に困ることはありません。

上から下までフル活用!大容量の壁面収納はテレビも含めてリビングのすべてを収納

「通販で壁面収納を買ってみたら、思っていたより収納スペースが少ない!」
壁面収納は豊富な種類がありますが、実は大容量のタイプはあまり多くありません。

なぜ大容量の壁面収納が少ないのでしょうか?
理由は明白で壁面収納自体の「高さが足りない」からなのです。

大手インターネット通販サイトなどで購入できる壁面収納や棚は、高さが最大でも180cm程度の物がほとんどなのです。

一般的な住宅の天井までの高さは250cmですから、壁面収納を設置しても70cmも使わないスペースが壁面収納の上にできてしまいます。

その点、【壁面収納OSAMARU】は高さが最大240cmとお部屋のスペースを無駄なく使う事ができ、しかも使いやすさの工夫が、各所にちりばめられています。

ここからは、壁面収納OSAMARUならでは、大容量の秘密を見ていきましょう!

天井付近ももれなく使えて組み立て簡単!

壁面収納OSAMARUは「240cm」という高さで、部屋の床面積に対して最大限の大容量収納を実現できます。

市販の既製品では壁面収納と言えど天井ギリギリまで届く高さのあるタイプは限られ、設置するためには専門業者に依頼しなければならないものがほとんどです。

その点、壁面収納OSAMARUは独自の【R加工】で天井ギリギリまで収納スペースを確保できる上、組み立てもとっても簡単!

専門業者に依頼する必要がないどころか、女性一人でも小一時間あれば組み立てられてしまうのです。

OSAMARU独自のR加工はこちら>

OSAMARUの組み立て方はこちら>

大きなテレビも収納可能

大きなテレビも収納可能

壁面収納OSAMARUはコマ数はもちろん、テレビ開口部付きのタイプも用意されています。
しかも、サイズは3段階から自由に選べるので、部屋の間取りに合わせて「無駄なく」収納することができるのです。

テレビ開口部の大きさは、次の3段階から選べます。
・2コマ×2コマ(~26インチのテレビに対応)
・2コマ×3コマ(~43インチのテレビに対応)
・3コマ×5コマ(~65インチのテレビに対応)

最大では65インチの大画面テレビを設置することもできる、テレビの収納という面でも「大容量」なのです。

こんなに大きなテレビを収納しても、大容量の収まるならリビングのすべての物を収納するだけの余裕があります。

壁面収納の大容量には何がどれくらい収納できる?テレビまわりのアイテムでシミュレーション

それでは、実際に壁面収納OSAMARUを使用してみた場合を想定して、どれだけ収納スペースができるかを計算してみましょう。

ファミリーサイズとしておすすめなのは、一番大きい7コマ×7コマの壁面収納です。
ここに、2コマ×3コマ(~43インチのテレビに対応)のテレビ開口部をつけると想定します。

全体の49コマのうち開口部が6コマなので、収納スペースは43コマです。
1コマのタテ・ヨコが32.5cmもあるので、使いやすく大容量!

ブルーレイやDVDを並べた場合

テレビの近くに置いておきたいのはブルーレイやDVDなどの映像メディア機器。
映画鑑賞するための標準的なプレーヤーの設置ももちろん可能ですし、当然、ソフトも一緒に並べておきたいですね。

ブルーレイであればソフト1本の厚みは1.3cm程度ですから、ズラッと縦置きで並べても1コマに25枚が収納可能です。
DVDソフトでは1枚の厚みは1.4cm程度なので22枚ほどが収納できます。

また、CDであれば厚みは約1cmなので、1コマには約32枚収納できます。

どのメディアソフトも「縦置き」した場合の収納枚数ですが、横積みした場合や、2段に積む仕切りなどを使った場合は、更に収納枚数は大幅に増えます。

ゲームハードやソフトを並べた場合

同じくテレビの近くに設置したいゲーム機。
最近はかなり小型化されてきましたが、それでもゲーム機の本体・ソフト・コントローラーなどの付属品を合わせると、どうしても場所をとってしまいます。

しかし、そんなゲーム機も大容量のOSAMARUなら1コマにスッキリ収納可能。
複数のハードがあってもコマを分けて整理して収納することができます。
それぞれのソフトも「ハードのコマ」の上のコマを割り当てればとても分かりやすいですね。

たいていのゲーム機のソフトは、ブルーレイやDVDと共通のケースが使われていますから、ブルーレイと同じケースなら1コマに25枚、DVDと同じケースであれば22枚ほどが収納できます。

書籍を並べた場合

もちろん書籍も収納できます。
ブルーレイやDVDに比べて重量のある書籍でも、壁面収納OSAMARUはたっぷり収納可能です。

「画集」などのサイズが大きめな厚さ3cmの本を1列に立てて並べるだけでも、1コマに約10冊。全体で約430冊の本が収納できます。

奥行きも35cmと十分にあり、本が棚よりも飛び出てしまうこともありません。
並べた本の上にもスペースに余裕があるので、出し入れも簡単にできます。

画集よりは小さめの「単行本」では、厚さは2cm程度ですから1コマに約16冊ほど収納できます。
横に寝かせて積み重ねればさらに置けますが、16冊でも十分な量です。

更に小さい、コミックや文庫本なら看板式の収納方法がオススメです。

これは、シリーズ物の1巻を表紙を表に向けて、2巻目以降は横に寝かせて収納するという方法で、特にコミックなどの巻数の多いシリーズの書籍の保管方法に向いています。

「家族のアイテム」を大容量の壁面収納でテレビ周りにまとめると、家族がまとまる

「家族のアイテム」を大容量の壁面収納でテレビ周りにまとめると、家族がまとまる

みんなで使う「家族のアイテム」がよく通るリビングに収納されていると、使いたいときすぐに取り出せてとっても便利です。
壁面収納OSAMARUをリビングに設置して、効率的な共用スペースを作りましょう!

毎日使うモノ

毎日使うリモコンや充電器、掃除グッズなどはテレビ周りの「決まったコマ」に収納しておきましょう。

家族の書類

お子様の学校関係のプリントや家族みんなに関係のある書類、電化製品の説明書なども、リビングに置けると何かと便利です。

書類はどうしてもかさばりがちですが、大容量の壁面収納ならスッキリと整理してしまっておくことができます。

収納のコツは「ファイルボックス」を使うこと。
壁面収納OSAMARUの1コマはA4サイズよりも大きな32.5cmの高さがありますから、いくつものファイルボックスを楽にしまえて必要な時にストレス無く取り出せます。

小さな道具類

裁縫道具や文房具、ハサミやカッターにドライバー、爪切りや耳かき、お薬などの細々としたアイテムはOSAMARUにそのまま入れるには小さいですから「取っ手付きボックス」に入れた上で収納するのが便利です。

動かしたいときにボックスごと運べば、必要になる道具をセットで持っていくことができるようになります。

「ファイルボックス」や「取っ手付きボックス」などのOSAMARUのコマの中を整理するグッズは100円均一ショップで安価に手に入ります。

壁面収納OSAMARUでリビングに大容量収納ができれば、リビングに家族ひとりひとりのモノを置く余裕が生まれます。

自分のモノがある場所では、過ごす時間も増えるもの。
テレビのある共有スペースで過ごす時間が増えれば、家族との会話も自然と増えていくはずです。

大容量の壁面収納収まるが、自然と家族をつなげる素敵なリビングをデザインしてくれるでしょう。

page
top