人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
コーナー収納のアイデア事例集
デッドスペースが重なる場所「コーナー」の「上部」はハイタイプの壁面収納OSAMARUでもっと活用できる!

デッドスペースが重なる場所「コーナー」の「上部」はハイタイプの壁面収納OSAMARUでもっと活用できる!

コーナー収納

快適なお部屋を広く使うには、限り有るスペースを効率的に使うことが大切。
お部屋の中には意外なほど使われていないデッドスペースが眠っていて、それを有効活用することで床面積を圧迫せずに収納量を増やすことができるようになります。

そんなデッドスペースが特に生まれやすいのが、お部屋のコーナー部分。
お部屋のコーナー部分は収納を置くときにも見落としがちな場所で、普通の収納家具を置きづらいため空きスペースが生まれやすい場所です。

こんな問題を解決するのがハイタイプの「コーナー収納」!
壁面が直角に交わるコーナーにフィットするので、効果的に収納効率をアップさせてくれます。

ただ、実はハイタイプのコーナー収納を使っても、コーナーのスペースを活用しきることはできていません。
その理由と、壁面収納を使ってコーナーを本当に活用しきる方法まで見ていきましょう。

ハイタイプのコーナー壁面収納でも高さは180cm?天井までの70cmをどう使うか?

ハイタイプのコーナー壁面収納でも高さは180cm?

まずは、ハイタイプのコーナー収納を置いてもコーナーの空間を活用しきれていない理由について考えてみましょう。

これは、コーナー収納の高さが大きく関係しています。
コーナー収納にはいくつもタイプがあり、「テレビ台」タイプや服が収納できる「クローゼット」タイプ、3段程度の収納スペースのある「3段シェルフ」タイプ、複数の収納スペースがタワー型に配置される高さのある「コーナーラック」タイプ、そして小物や電話機、花瓶などが置けるオシャレな「花台」タイプなどが販売されています。

しかし、これら一般的なタイプのコーナー収納はどれも背の低いものばかり。
比較的高さのあるコーナーラックタイプでも100cm~150cm程度で、ハイタイプでも「高さ180cm」ほどしかありません。
一方で、日本の住宅の天井高は「高さ250cm」が標準的です。
つまり、市販されている一般的なコーナー収納では最大サイズでも、上部分70cmの空間を活用することはできないのです。

そもそも天井付近は、デッドスペースが生まれやすい場所のひとつです。
これは、高さのない収納家具を一度置いてしまうと、それ以上のエリアを活用するのが難しくなってしまうことが大きな理由です。
代表的なものが「テレビ台」で、コンセントが配置されやすい角の部分にテレビ類一式を収納できて便利なのですが、部屋の高さの半分も使えません。

コーナー収納の上部分は、「コーナーかつ天井付近」なので、お部屋の中で「最も使いにくい場所」といえます。
では、このスペースを活用する方法はあるのでしょうか?

ここからは、コーナー収納上部にできてしまうデッドスペースの活用アイデアについて、見ていきましょう。

ハイタイプのコーナー壁面収納の上部を無駄にしない!収納の拡張アイデア

ハイタイプのコーナー壁面収納の上部を無駄にしない!

できるだけデッドスペースを減らして無駄なく活用することが、お部屋の収納効率をアップさせるポイント。
そこで、コーナー収納上部にどうしても生まれてしまうデッドスペースを効果的に使うアイデアについて考えてみます。

ワイヤーネット・ペグボードで小物ホルダーに

100円ショップやホームセンター、通販サイトでも手に入る「ワイヤーネット」や「ペグボード」を使うことで、コーナー収納の上に小物ホルダーを作ることができます。
コーナー収納の上にワイヤーネット・ペグボード壁に立てかけて、フックやペグボード専用のピンなどを使えば、帽子やインテリアを飾っておけるホルダーを作ることができます。

ですが、壁にビスやネジを打ち込まないと固定出来ないので安定性に不安があるのと、小物しか置けないので収納量を増やす意味ではほとんど効果がありません。

また、天板部分にある程度広さのあるコーナーラックタイプ以外の花台タイプや3段シェルフタイプのコーナー収納ではそもそもこの簡単DIYは使えません。
そして、180cmの高さのハイタイプのコーナー収納の上に小物掛けがあっても、高すぎて使いづらいという難点もあります。

コーナー収納を積み重ねる

100cm~130cm程度のハイタイプのコーナー収納に、同じものを上に乗せて積み重ねるという方法もみられます。
コーナー収納の上に、もう一つ同じコーナー収納を乗せることで上部スペースを活用できるようになるというアイデアです。

この方法では、統一された規格の収納スペースが拡張できるので使い勝手が良く、収納スペース内でのモノの移動時にも他のコマに入っていたものが上のコマだと入らない、ということがありません。

ですが、安定性の問題があります。ただの積み重ねて乗せただけですと非常に危険ですので、壁にクギやネジ、ビスやL字金具などで固定する必要があります。
下のコーナー収納と連結したところで、高くなって倒れやすくなるだけですので必ず壁面への固定が必要です。
しかし、メーカーではこのような使用方法を想定していませんので、何かしらの事故があっても保証はされません。

統一されたコマの収納が増えて、高さも使えるので利便性は高いのですが、それは安全であってこそ意味のあることです。

240cmの本物のハイタイプ!コーナー壁面収納OSAMARUは統一された広いコマとプロ設計の安定性!

ハイタイプ

ここまで活用アイデアを見てきましたが、どれもコーナー収納の上部を収納として活用しきれているとはいえませんでした。
また、「収納家具の積み重ね」はどうしても不安定になりがちで、いざというときの転倒・落下のリスクを増やすことにもなります。

やはり、そもそも天井ギリギリまで届くほどハイタイプの壁面収納でなければ、コーナーかつ天井付近という特に使いにくいスペースを活用することは難しいでしょう。

そんな条件を満たすコーナー壁面収納が【壁面収納OSAMARU】のコーナー収納です。

【壁面収納OSAMARU】はコーナー収納なのに天井まで届くハイタイプ

壁面収納OSAMARUのコーナー収納はコーナーにフィットするだけでなく、「高さ240cm」で天井ギリギリまで届きます。この高さは市販品ではまずありません。

初めから、天井までのデッドスペースが生まれない壁面収納OSAMARUなら、コーナー収納上部をどう使うか頭を悩ませることもありません。
コーナースペースを最大限活用して、お部屋の収納量を一気に拡張してくれます。

特殊構造で1コマも大容量!

壁面収納OSAMARUのコーナー収納は、上から見ると正方形の角を一つ切り取ったような形状。
収納をコーナーに設置すると、ちょうど収納の出し入れ口がお部屋の中心を向いて開くような使いやすい形になっています。

出し入れ口がワイドになりがちな通常のコーナー収納とは逆に、収納エリアの幅よりも開口部の方が狭いという特殊な構造です。
この構造では収納したモノが落下する危険性が少なく、だからこそ一般的なコーナー収納では考えられないほどの収納量が実現できます。

開口部が狭いと使いづらいのでは?とお考えかもしれませんが、壁面収納OSAMARUは1コマの大きさが「タテ325mm×ヨコ846mm×奥行き646mm」の大容量。
開口部も約40cmもあります。これは1.5リットルのペットボトルやPlayStation4を横にしても7cm~10cmもの余裕をもっていれられるくらいの広さなのです。

このコマがコーナーの床から天井まで7コマも並び、余すことなく大容量の収納スペースを確保することができます。

天井まで届く240cmの「コーナー収納」についてもっと詳しく見る>

壁面収納と「つながる」コーナー収納でもっと収納を効率化

壁面収納OSAMARUのコーナー収納は単体で使っても効果的ですが、通常の壁面収納OSAMARUとジョイントすることでさらに収納効率をアップさせることができます。

通常のOSAMARUも最大で「高さ240cm」と天井付近のスペースを一切無駄にしないハイタイプ。
1コマも「タテ325cm×ヨコ325cm×奥行き350cm」とA4サイズの本がタテにスッキリしまえる大容量です。

収納効率抜群の壁面収納OSAMARUについてもっと詳しく見る>

テレビ開口部付きタイプの壁面収納OSAMARUとコーナー収納をジョイントさせる組み合わせもおすすめです。
テレビの周辺機器は電源を使うものや、ソフト類、リモコンも多々ありますし、音質にこだわる方ならスピーカーも立体的に置けて便利ですよ。

コーナー収納と合わせて使いたいテレビ収納できる壁面収納はこちら>

コーナーも天井付近も、お部屋の無駄スペースを残すことなく収納に。
ハイタイプでカスタマイズ自在な壁面収納OSAMARUだからこそ、実現できることです。
置き場所がないから散らかっている部屋の整理整頓も進み、どこになにがあるかすぐに分かるようになりますよ!
床置きされている物もすべて壁面収納OSAMARUに収納してしまえば、掃除もしやすく清潔なお部屋になること間違いなしです。

お家の収納量を拡張して空間に余裕が生まれれば、気持ちにも余裕が生まれます。
壁面収納OSAMARUでもっとゆったりリラックスできる時間を獲得してみましょう!

セクション線

page
top