オフィス壁面収納のアイデア事例集
オフィスの賃料を「床に積んだ書類入り段ボール」の為に使わない!壁面収納で高効率オフィスを実現

オフィスの賃料を「床に積んだ書類入り段ボール」の為に使わない!壁面収納で高効率オフィスを実現

都心に集中するオフィスエリアは、日本の経済活動の原動力です。

日本の人口の11%(令和元年7月)が集中する東京ではそのオフィスの数も増加傾向にあり、オフィスの賃料も上昇傾向にあります。

限られたオフィスの床面積を、できるだけ余す所なく使う為に、オフィスには社員のデスクやキャビネット、複合機やシュレッダーが所狭しと並んでいます。

目に付きやすい床面はほぼ埋まってしまい通路を圧迫、詰みきれない資料や書類がデスクに山積みになり「とりあえず」段ボールへしまって足元へ仮置。

いつしか床に積まれた段ボール入りの書類が「行き止まり」を作ってしまったりしている、という状況は比較的良く見る光景かも知れません。

でもオフィスの高い賃料は、使われない書類の為に払っている訳ではありませんよね。
限られたオフィススペースを余す所無く使い、作業効率の高い使い勝手を実現する事は、特に狭いオフィスでは必須であり急務です。

そこで【壁面収納OSAMARU】では、オフィスでの未使用空間「180cm」より上の空間活用を提案します。

壁面収納の「しまえるカレンダー」でスケジュールも書類も一元管理

壁面収納の「しまえるカレンダー」でスケジュールも書類も一元管理

仕事というものは納期限やスケジュールが決まっていることがほとんどです。

1つの部署で完結する仕事もあれば、他部署がからむ仕事もあり、他社との連携や複数社との調整が必要なものもあるでしょう。

「いつまでに」、「何を」、「どの状態」にしておかなければならないのか?

1つの部署で完了した仕事を、次に「どの部署」の「誰」に伝えればいいのか?

こういった仕事をする上での連携は、管理ソフトを使っている場合もあれば、小さなオフィスほど属人的で、担当者の記憶だよりという所も珍しくありません。

担当者が不在だったり、病気で倒れてしまったり、退社してしまった場合に発生するのが「アレどこいった?」問題です。
管理が属人的であるということは、他の社員からはその管理の中身が見えない、つまり「見える化」出来ていないということになります。

必要な書類がどこにあるのか分からず混乱しないように、誰からでも見えるように書類を個人管理ではなく、社員全員から見えるように「見える化」しておく必要があるのです。

納期カレンダーをまるごと見える化

納期カレンダーをまるごと見える化

仕事のスケジュールを書き入れるカレンダーと、その仕事に関連する書類は密接な関係にありますが、管理はバラバラです。

【壁面収納OSAMARU】では、この2つを一元管理することが出来ます。

タテ7コマ×ヨコ7コマの最大サイズの【壁面収納OSAMARU】を、A4以上の書類もたっぷりはいる「収納ができるカレンダー」として使うのです。

【壁面収納OSAMARU】のヨコのコマは最大7コマでちょうど一週間分のコマがあります。
これを月曜日から日曜日までの「曜日」のコマとして使います。

一ヶ月は31日までありますから「5週」分のタテ5コマが「日付」のコマとして使います。
使い勝手を考えてタテ2コマ目〜6コマ目を「日付コマ」に割り振ると良いでしょう。

最上段と最下段は「完了した仕事」や「ペンディングとなった仕事」の書類フォルダをいれる為に空けておきます。

週の真ん中は曜日が分かりづらいので、最上段に看板をつけても良いですし、色分けしても良いでしょう。

【壁面収納OSAMARU】の1コマは32.5cm×32.5cmの正方形。
奥行きも35.0cmあり、とても使い勝手の良い大きさとなっています。

これはA4ファイルを余裕をもって入れられる大きさですので、
部署やタスクごとにバインダーやファイル分けして複数の書類が丸ごと入れられます。

オフィスに入った瞬間に、遠くからでも一目でわかる巨大な「しまえるカレンダー」は

・公官庁への提出書類
・社員の健康診断
・得意先への送付物・封入物の管理
・展示会の企画に必要な手続き
・補助金・助成金の申請書類の管理
・新入社員の募集から内定までのスケジュール
・新入社員へ用意すべき名刺や社会保険の書類

など、オフィスに関わる様々な「その日までに終わっていないといけない仕事」の書類管理を誰からでも「見える化」して、属人的な書類管理と煩雑なカレンダー管理を統合した一元管理を実現することが出来ます。

縦コマ数:7コマ 高さ:240cm
横コマ数:7コマ 横幅:240cm

壁面収納デスクタイプでつくる!複合機用のワークスペースで作業効率をアップ!

壁面収納デスクタイプでつくる!複合機用のワークスペースで作業効率をアップ!

複合機はオフィスの心臓。
書類や資料、DMや案内状は、いくらペーパーレス化が進んだ現代でも、まだまだ必須の紙の書類は多くあります。

書類や資料の出力や、FAX送信や重要な資料のスキャニング等の作業は、紙ならではの「その後の作業」があります。

印刷物はホッチキスで留めたり、パンチで穴を開けてファイリングしたり、裁断機で半分に切る物もあるでしょう。

封筒への封入を行う場合はノリ付けや、宛名ラベルの貼り付けをして仕分ける必要があるかもしれません。

スキャン後の不要な書類はシュレッダーにかけたりもするでしょう。

つまり、複合機の近くには「複合機用のワークスペース」が必要なのです。

【壁面収納OSAMARU】を複合機の横に設置して「複合機ワークスペース」をつくると、これらの作業があちこち動き回らないでも1ヶ所で済むようになります。

必要な道具も【壁面収納OSAMARU】の大容量の収納へ格納し、用紙やトナーのストックもたっぷり収納出来ます。

連続性のある作業を1ヶ所に集中させることにより、スペースと社員の「移動時間」を効率化することもできるでしょう。

縦コマ数:5コマ 高さ:171cm
横コマ数:7コマ 横幅:240cm
デスク横幅:125cm
デスク奥行:70cm

様々なシーンで活躍する【壁面収納OSAMARU】は、オフィスに高効率と可能性をもたらします

様々なシーンで活躍する【壁面収納OSAMARU】は、オフィスに高効率と可能性をもたらします

デスクとしても使えます!デスク一体型パーテーション

デスクとしても使えます!デスク一体型パーテーション

オフィスの中での壁面収納の役割は、壁面での収納にとどまりません。
社員が集中できる空間を作る為のパーテーションの役割も果たします。

開口部付きデスクカウンタータイプの【壁面収納OSAMARU】ならPCのモニタを格納するスペースが設けられているので、パーテーションとデスクが一体となっており省スペース!

PCモニタ開口部がタテ2コマ×ヨコ2コマで設定されているので27インチの大型モニタもらくらく入って上部にはなお余裕がありますから、社員の表情も隠れること無くうかがうことができます。

デスクスペースの奥行きも66cmもあり、キーボードとマウスという基本の組み合わせ以外にも、ペンタブレットなどを置いても十分すぎるほどの作業スペースがあります。

縦コマ数:6コマ 高さ:206cm
横コマ数:3コマ 横幅:104cm
デスク横幅:104cm
デスク奥行:66cm

もちろんキャビネットとしても使えます

もちろんキャビネットとしても使えます

【壁面収納OSAMARU】は大容量の「見せる収納」。
もちろんオフィスのファイルキャビネットとしても使うことが出来ます。

一般的なスチールキャビネットは高さが180cm程度とオフィスの天井よりも60cm程も低いですが、【壁面収納OSAMARU】はタテ7コマタイプで高さが240cmもありますので空間を無駄なく収納に使うことが出来ます。

また、見せる収納ならではの扉の開閉がないことも優れた特徴です。

「観音開き型」や「引き出し型」のファイルキャビネットでは「キャビネットの前の空間」を空けておかなければなりませんが、
【壁面収納OSAMARU】なら開閉のひと手間も無く、ファイルを目視し直接アクセス出来ます。

「あの書類どこだったかな?」と、いくつもの扉を開け閉めする必要はありません。
また、扉や引き出しの開閉の為のスペースを空けておく必要もないのです。

縦コマ数:7コマ 高さ:240cm
横コマ数:7コマ 横幅:240cm

オフィスの賃料は上がるばかりで下がる気配はありません。

高い賃料を使わない書類や資料の為に払うのはもうやめて、限られたオフィス空間を大容量の【壁面収納OSAMARU】で効率的に使いませんか?

オフィスは仕事をする場所で、保管場所ではありません。
今使わない物に埋もれてしまって「作業するスペースが無い」というのでは本末転倒です。

広いオフィスに引っ越しを検討する前に、【壁面収納OSAMARU】でオフィス空間の有効利用によるコストダウンを検討することをオススメします。

page
top