人気サイズの壁面収納
キャッシュレス5%還元
オフィス壁面収納のアイデア事例集

フリーアドレスの「オフィス移動のストレス」は壁面収納への一時保管アイデアで効率化!

近年オフィスで導入されていることも多い「フリーアドレス」というアイデア。

社員のデスクを固定化せず、日々違う席で仕事をする事で、より活発なコミュニケーションを促進するほか、
資料の電子化によるペーパーレス化を同時に進められ、オフィスを広く使えるアイデアとして都心を中心に普及しつつあります。

メリットの多いフリーアドレスオフィスですが、当然ながら仕事道具や個人の持ち物はすべて持ち歩く必要があります。

現在ではフリーアドレスオフィス用の「社内移動用バッグ」などのアイデアアイテムが数多く出ており、
キャビネットに他のA4ファイルケースと同サイズで収まるタイプが一般的です。
実際は社内移動用バッグを個人用ロッカーで保管することが多く、かえって作業の効率化を妨げているという意見も少なくありません。
ここではフリーアドレスのデメリットを解消するアイデアをご紹介します。

壁面収納を「テンポラリーロッカー」にするアイデアでストレスを軽減!

フリーアドレスオフィスの一日は、まずロッカーから「社内移動用バッグ」を取り出して「自分の席」を探す所から始まります。
昼休みになればロッカーへ「社内移動用バッグ」をしまい、昼食から戻ればまた自分の席を探します。
退勤時には広げた道具をすべて片付け、また「社内移動用バッグ」をロッカーへ。

一見便利そうなフリーアドレスオフィスですが、実際に導入した企業からは「持ち物の出し入れ・移動」が面倒で、かえって非効率だという意見も多く出ています。
会社から貸与されているノートPCは、セキュリティの観念からカギ付きの個人用ロッカーにしまう必要がありますが、
使う道具をすべて持ち運んだり、都度しまう必要はあるのでしょうか?

中間のテンポラリーロッカーをつくる

そこで、1日最低4回は発生する「持ち物の出し入れ」を減らすアイデアをご紹介します。
まずは壁面収納OSAMARUをオフィスの出入り口に設置。壁面収納OSAMARUの1コマ1コマを、社員一人ひとりに割り当ててあげます。
これを「社内移動用バッグ」を置く一時置き場、「テンポラリーロッカー」として活用します。

出勤した人はまず自分のロッカーからノートPCを取り出し、
壁面収納OSAMARUの「テンポラリーロッカー」から自分の「社内移動用バッグ」を持って今日の席へ移動します。

次に、デスクに盗難防止用のセキュリティケーブルを用意しておきます。
今日の自分の席を決めたら、セキュリティケーブルにノートPCを接続。
こんな風にノートPCのセキュリティスロットを活用すれば、退勤までノートPCをその場に置きっぱなしでも大丈夫。

自分の仕事道具や資料などは、昼食時など、一時的に席を離れる際は「テンポラリーロッカー」へ戻すだけ。
ノートPCは退勤時のみ個人用ロッカーへ戻せばOK。
物を出し入れする回数と、出し入れするための移動時間を大幅に削減し、負担・ストレスなく働けるアイデアです。

資料の多い業務内容でのフリーアドレスのデメリット

デザインや文献資料が多く必要な仕事だと、全ての資料や道具をもって移動するのは大変です。

フリーアドレスの利点として「ペーパーレス化」があげられていますが、まだまだ電子化されていない書籍も多く、
多くの文献資料を必要とする仕事だとフリーアドレスですべて持ち歩くのは非効率です。
壁面収納OSAMARUのオープン収納なら、大きさの異なる本や資料もばっちり収納可能。
OSAMARUを活用することで、フリーアドレスオフィスのさらなる効率化をすすめることができそうです。

壁面収納OSAMARUは社員数やオフィスのスペースに合わせて、自由にサイズを選択することが出来ます。
国産木材を使用したシンプルで美しいビジュアルはどんなオフィスにもマッチし、転倒防止のアジャスタにも対応して安全面も万全です。

高さ2400mm(7コマ)×奥行き350mmの壁面収納本棚>

フレックスタイムでも壁面収納の空き具合で遠目でも出勤状況がわかるアイデア

フリーアドレスを導入している企業は、都内を中心に30%程度といわれています。
もともと「フリーアドレスオフィス」という考え方は、「オフィスの賃料」という避けられない固定費を抑えるためのアイデアでした。
外回りの多い営業社員の席使用率(約50%)や、有給や産休などを取得した場合などを考慮し、
適切なスペースのオフィスを借りることで余計なスペースを借りなくて済むようにする、といった具合です。
ちなみにオフィスの席使用率は70%として計算されているとか。

同じ理由で、ある程度自由に労働時間を決められる「フレックスタイム制」や、
休日を自由に設定できる「フレックスデイ制」と相性がいいのです。
フリーアドレスを導入している企業では「フレックスタイム制」を導入している率が高いかもしれませんね。

「フレックスタイム制」や「フレックスデイ制」のオフィスでは、社員が出勤しているのかどうかを一目で把握することは難しそうです。
さらにフリーアドレスオフィスでは、どこで仕事をしているかわからないため、一日顔を合わさないことも考えられます。

しかし、壁面収納OSAMARUをオフィス入り口に配置するアイデアを採用すれば、
出勤している社員のコマからは「社内移動用バッグ」がなくなっていますから、コマの空き具合をみれば出金状況を一目で把握できます。

これなら特定の人に用事が出来たり、電話を取り次がなくてはいけないときでも
「あの人は出社しているのかな・・・それともお休み?」と悩む心配もなさそうです。

今日使う消耗品も共用の備品も。同じ壁面収納で集中管理して効率化!

オフィスの入り口に壁面収納OSAMARUを配置するアイデアでは、
「テンポラリーロッカー」として活用している壁面収納OSAMARUに道具や消耗品を一緒に保管することで、自由に持ち出せる「消耗品棚」としても使うことができます。

こうすれば「テンポラリーロッカー」に立ち寄った際に不足しているもの、今日使う道具の補充をついでに行えるようになります。
総務担当者も全体的な備品の過不足を簡単に把握でき、効率的に業務を行えますね。

「紙ベースの配布物」の配布を効率化!

個人用ロッカーにお知らせのチラシなどを入れることはできませんが、壁面収納OSAMARUはオープン収納なので、さっと配布が可能。
一箇所に集中しているので、配布作業自体もすぐに済みそうですね。

フリーアドレスオフィスは多くの企業で取り入れられていますが、同時に失敗例もよく見かけるのが現状です。

固定費であるオフィスの賃料を抑えられる良策かと思いきや、
ご紹介した数かすの「使いにくさ」から社員の働くモチベーションが下がり、結果として労働効率が低下、人件費が上がってしまった・・・なんてことも考えられます。

壁面収納OSAMARUを「テンポラリーロッカー」としてつかうアイデアで、フリーアドレスで無駄なコストを削減してみませんか?

page
top