人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
壁面収納 キッチン 食器棚のアイデア事例集
キッチンでの作業を考えた「働く食器棚」は大容量の壁面収納で実現!

キッチンでの作業を考えた「働く食器棚」は大容量の壁面収納で実現!

「なんだかキッチンの収納が足りなくなってきた」
収納量を増やそうと食器棚やカラーボックスを追加しているうちに、いつのまにかキッチンの使い勝手が悪くなっていた、ということはありませんか?

収納家具がつぎはぎ状態になったキッチンは見栄えが良くないだけでなく、調理をする上でもとっても非効率的。
どこに何があるのか分からなくなったキッチンは衛生上の不安もありますし、収納を追加していくだけでは根本的に整理することはできません。

そこで、今ある収納を思い切ってリセットして、「壁面収納型」の食器棚ひとつにまとめてみてはいかがでしょう。

壁面収納と聞くとキッチンを圧迫しそうなイメージがありますが、壁面収納OSAMARUは天井ギリギリまで届く最大高さ240cmの壁面収納。これまで使いきれていなかったデッドスペースを余さず使えるようになるので、むしろ比べ物にならないほど広々と使えるようになりますよ!

毎日毎回のキッチンでの食器洗いは「干す」と「しまう」を壁面収納食器棚に集約して効率アップ!

食事のあとに毎回必要なのが、食器洗いと後片付け。食事をした直後に後片付けをするのは、正直あまり気が進みませんよね。
そこで、壁面収納OSAMARUを使って、このパートをもっと素早く終わるように効率化してみましょう。

普通はシンクで使った食器をきれいにしたら水切りカゴに乗せ、タオルで拭いてから食器棚にしまうもの。
このうちの「タオルで拭く」という部分を丸ごとカットしてしまいましょう。

これには、食器棚として使っている壁面収納OSAMARUのコマの下段に、数コマ「食器を干す」スペースを確保するだけ。
作り方は簡単で、コマの内側にアルミ製のトレーを敷いてその上に吸水パッドを敷くだけです。

洗った食器の水を軽く切って、そのまま食器のサイズ別にいくつかの「干す」コマに移動し、乾くまで置いておきます。

「洗う→水切り→拭く→しまう」という4つの作業が必要だったのが、「洗う→水切り→置く→しまう」という作業になり、手間のかかる工程だった「拭く」作業をなくすことができます。しかも、乾かすスペースのすぐ上に食器棚スペースがあるので、食器を「上側のコマに移動する」だけで「しまう」が済むんです!

食器を干すためには広めのスペースが必要ですが、壁面収納OSAMARUは1コマが「タテ325mm×ヨコ325mm×奥行き350mm」の大容量キューブ型。水切りカゴにジェンガのように不安定に積まれた大皿やフライパンはいつ崩れてもおかしくないくらい。当然、崩れて食器が割れることもあるでしょう。

壁面収納OSAMARUのゆとりのある収納をたっぷりつかって、食器拭きの時間をなくしてください。道具は人間を楽にするために有るのです。

キッチンで食器棚にしまい、ダイニング側から取り出せる!壁面収納の便利すぎる「両面アクセス」

大容量の壁面収納を食器棚として使う際には、どこに食器を入れたかわからなくなりやすいというデメリットもあります。
これは、大容量の奥行きがあるため奥に入れてしまうと簡単には見つからなくなってしまうということがあるのです。

しかし、壁面収納OSAMARUは四隅以外に背板のないオープンタイプの壁面収納。
この構造を活かして、壁面収納の表側・裏側両面からコマ内部にアクセスできる「両面アクセス」の収納棚が実現できるのです。

キッチンとダイニングを仕切って「先入れ先出し」収納に

「両面アクセス」の壁面収納食器棚は、「キッチンとダイニングの仕切り」になる場所に壁面収納OSAMARUを設置してつくります。
この場所に置くことで、先入れ先出しの効率的なシステムを作れてしまうんです。

キッチンで洗った食器をキッチン側から壁面収納OSAMARUのコマの奥から入れて収納することで使用することがメインなダイニング側からの取り出しが容易に!
両側からコマ内部を見ることもできるので、しまった食器を探す際に「どこにしまったかわからない・・」となってしまう可能性も半分になります。

オープン壁面収納が「さりげないパーテーション」にも

壁面収納OSAMARUを仕切りとして使うと、もう一つメリットがあります。
キッチンをどこまで見せるか、というのは少し難しい問題。
一昔前の調理場のように、完全にダイニングから隠されてしまっていると家族から一人離れてしまっているような寂しさがありますが、それと同時に現実的には生ごみや洗う前の食器など、あまり人に見せたくないものもありますよね。

そんな時、壁面収納OSAMARUを「先入れ先出し」収納としてつかっていると、バランスのいい「さりげないパーテーション」が作れて便利です。壁のように完全にキッチンを隠してしまうわけでもなく、かといって見せすぎないほどのプライバシーを確保できるんです。

壁面収納を壁面から離して設置しても大丈夫?

とはいえ、240cmもの高さがある壁面収納を壁から離して設置するのは、転倒してきたり収納物が落ちてきたりなど、万が一のことを考えると不安ですよね。

ですがご安心ください。壁面収納OSAMARUには専用のアジャスターが用意されているので、転倒を未然に防ぐことができるんです。バネとネジの力で突っ張る構造なので、天井に傷をつける心配もありません。

壁面収納OSAMARU用転倒防止アジャスター「ラブリコ」について詳しく見る>

キッチンに合わせて自由にデザイン!薄型壁面収納との組み合わせでカップもお皿も効率的に食器棚へ収納!

壁面収納OSAMARUは洗練されたシンプル構造なので、組み合わせの幅も自由自在。
大型タイプだけでなくコーナー収納やローボード収納、薄型タイプやデスク付きなどが選べ、キッチンの「デッドスペース」をとことん減らすことができます。

例えばキッチンに収納しておきたい道具には、お鍋やボウルなどの調理器具から、大皿・深皿・小皿など色々な大きさのものがあります。
通常タイプのタテ325mmの壁面収納OSAMARUは調理器具や大皿の収納にはぴったり!
ですが、カトラリーやコップ・グラスの収納にはタテ幅が高すぎて、コマ内部のスペースを使いきれません。

そこで便利なのが、「タテ215mm」・「奥行き180mm」という1コマが小型タイプの壁面収納OSAMARU。
通常タイプと組み合わせて使うことで、大型タイプの食器棚を使う場合に起きがちな「コマ内部でデッドスペースが生まれてしまう」という問題も起きません。

2400mm(10コマ)×奥行き180mm 薄型タイプの壁面収納OSAMARUはこちら>

これだけスペースを効率的に使えるのは、大容量収納の壁面収納OSAMARUならではです。

例えば1回の食事で5分だけ時間を節約できるだけでも、一日3食で15分、1ヶ月あれば今までに比べて450分も自由な時間を作ることができます。見たかった映画や、読みたかった小説。自分の時間を本当に使いたい「何か」のために時間が使えるようになります。

壁面収納OSAMARUは「働く食器棚」としてあなたの時間を取り戻し、ゆとりある生活の最初の一歩になってくれるはずです。

セクション線

page
top