人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
壁面収納 レコードラックのアイデア事例集
「その手作り、安全ですか?」壁面収納のレコードラックを安全にDIYする方法

壁面収納型レコードラックを安全に自作DIYしよう!

素敵なレコード、懐かしのレコードなどに出会うと、ついつい買ってしまいますよね。
最近では楽曲のダウンロード販売も普及してきて、CDの売り上げが落ち込んでいるそうですが、
その一方、アナログレコードの売り上げは世界的に上昇傾向にあるそうで、
製造ラインが増設されるほど再度注目が集まっているんだとか。

レコードの魅力といえば、懐かしさや独特な音色もそうですが、ジャケットデザインもその一つ。
インテリアとしてレコードを飾られている飲食店やバーなどもよく目にしますね。
素敵なレコードジャケットを見て、いわゆる「ジャケット買い」をされた方も多いのでは。

ついつい買ってしまいがちなレコード。ですが、レコードはCDとは違い中々かさばるものです。
収納する場所がない!とお困りのコレクター様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなときは壁面収納を活用してみてはいかがでしょうか?

お部屋に眠っている空きスペースを活用できる「壁面収納型」のレコードラックなら、大量のレコードをムリなく収納できるようになります。

ただし、据え付け型の壁面収納で、レコードが入るほど大容量のものとなると、驚くような高価な価格になってしまいます。

しかも選べる種類が少ないので、「ちょうどいいサイズ」を選ぶのが難しいんです。

そんなレコードラックをお得に、そして自由なサイズを手に入れるためには
「自作DIY」に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

しかし、不安定なラックに重いレコードを詰めるのは本当に危険です!
不安定なものを作ってしまい、転倒してしまった・・・なんて最悪の事態を避けるためにも、
下記の「レコードラックを自作DIYするための手順」を必ず守ってDIYしてみてください。

自作できる!レコードラックをDIYする方法

さっそく、レコードラックをDIYするための手順を見ていきましょう。

1)必要な材料の準備

【材料】
・木材
・木工用ボンド
・硬質ゴムマット
・釘、ビス、木ねじ
・固定用L字金具

まずはレコードラックを作るために必要な材料を集めましょう。
使用する木材選びは、安価なものを選ぶのではなく、慎重に行ってください。
最近はほとんどが重量盤レコードなので、LP盤で厚さ5mm程度、重さが180g以上あるのが一般的です。

例えば収納スペースの横幅が90cmのレコードラックを作るなら、収納できる180枚のLP盤の重さは32kg以上。
3段作るだけで、およそ100kg近い重さが棚にかかります。

レコードの重さで棚が壊れてしまわないように、この重さに何年も耐えられる頑丈な木材を選びましょう。

おすすめは「集成材」と呼ばれる頑丈な加工木材です。
厚さが15mm以上あるタイプを選ぶと良いでしょう。

おすすめの素材はパインやタモ。これらの集成材は特に硬いのでオススメです。
ホームセンターやネットなどから簡単に購入することができるところも嬉しいですね。

2)必要な工具の準備

【工具】
・金槌、電動ドリル(木材固定用)
・のこぎり、電動のこぎり(木材切断用)
・メジャー
・L字定規、水準器
・きり(穴あけ用)
・紙やすり

次は、木材を加工するための道具を準備しましょう。

分厚くて頑丈な集成材を加工するので、できれば電動ドリル・電動のこぎりも揃えたほうが確実です。

安いものだと電動ドリルは3000円~、電動のこぎりは5000円~で購入できます。

3)加工・組み立てをする

【加工の手順】
1.方眼紙などで図面の作成
2.木材の部品をカット
3.木材のやすりがけ
4.組み立てて釘やビス、L字金具で固定
5.そり、全体の調整

作業前にかならず部材を切るための「図面」を作成してください。
寸法を間違えてカットすると、木材をまた新しく買ってこなくてはいけないことも。
ちょっと面倒な作業ですが、図面を起こし、カットする場所を木材に書き写しておけば、
トータルでかかる時間も費用も抑えることができます。

LP盤のサイズは一辺310mmほどなので、1コマのタテの高さも350mmは必要です。

また、歪みを防ぐため、棚板のヨコ20~30cmごとに区切り板を入れましょう。
この区切り板は、同時にレコードの重量を支える柱の役割も果たす重要なパーツです。

木材と木材が接する面には、必ず木工用ボンドをつけたうえで、釘・ビスを使って固定します。
特に棚板と柱のジョイント部分には、L字金具での補強が必須です。

あとは設計図通りに組み立てれば完成!あなただけのレコードラックが出来上がりました。

安全・簡単・お得!「壁面収納OSAMARU」でお手軽DIY

上記の注意事項を守りさえすれば、安全な壁面収納型レコードラックを自作DIYすることができます。

レコードは樹脂でできており、繊細な品物です。
一度レコードラックが壊れてしまえば、LP盤は比較的頑丈とはいえ、間違いなく割れてしまうレコードもあるでしょう。
レコードは割れても接着することはできますが、本来の音色が戻ることは二度とありません。

より安全なレコードラックを手に入れたい・・・。そんなときは大容量で安全、しかも簡単に組み立てられる【壁面収納OSAMARU】を使ってみませんか?

こんなに大容量!しかも安全に使えます

壁面収納OSAMARUの高さは最大で240cm。

普段使いきれていない天井付近のスペースをフル活用することで、圧迫感を抑えながら大量収納を実現しました。

独自の「R加工」で角の部分を加工すれば、さらに天井ギリギリまでレコードラックとして使うことも可能!

OSAMARU独自の「R加工」について詳しく見る>

組み立てが簡単、なのにとっても頑丈!

据え付け型の壁面収納が高くなってしまう理由のひとつは、業者に組み立ててもらうための費用が必要になるためです。

しかし壁面収納OSAMARUなら、シンプルな構造なので組み立ても驚くほど簡単です。
なんと、女性一人でも1時間足らずで組み立てられてしまうんです。

自分で組み立てできるので、もちろん組み立ての費用はかかりません。

壁面収納OSAMARUの組み立て方を詳しくみる>

使う工具も付属のレンチのみ。自作しようとすると多くの工具が必要になりますが、
壁面収納OSAMARUなら新しく工具を買う必要もなくずっと少なく済みます。

1コマの耐荷重は30kg強。レコードラックをパンパンに詰めた重さにも耐える頑丈さと安定感があります。

転倒防止対策も万全!専用アジャスターをお使いください

壁面収納に限らず、本棚や食器棚の収納家具は大きくなればなるほど、比例して倒れた時の危険度も大きくなってしまいます。

ですがご心配なく。壁面収納OSAMARUには専用の転倒防止アジャスターが用意されています。

専用の転倒防止用アジャスター「ラブリコ」なら、壁面収納OSAMARUを天井としっかり固定。
転倒の危険を大きく減らすことができるのです。

「DIY(ラブリコ) OSAMARU 転倒防止用アジャスター」はこちら>

※転倒防止用アジャスター「ラブリコ」を設置するには、天井と壁面収納OSAMARUとの間に7.5cm~8.5cmの隙間が必要です。
それ以上大きな隙間だったり、小さな隙間しかない場合は、正常に設置することができません。
お部屋の天井の高さをご確認いただき、必要に応じてOSAMARUの高さカットなどをご利用ください。

アレンジ簡単!DIYでより理想的なレコードラックに!

壁面収納OSAMARUは自作DIYよりも安全なだけでなく、そのシンプルさから自作DIYと同じくらい自由にアレンジすることもできます。

「追加DIY」でもっと「見せる」レコードラックを

壁面収納OSAMARUの素材はパイン集成材なので、釘やビスをつかった加工もできます。
つまりちょっとした「追加DIY」が簡単にできるのです。

例えば棚板にブックスタンドを固定するだけでも、ジャケットを立てかけ、飾るスペースに早変わり。

壁面収納OSAMARUは組み立ても簡単ですが、解体も簡単にできるのも大きな特徴です。
ちょっと雰囲気を変えたいときは、解体してお好みの色に塗り替えることも簡単にできます。

レコードに合わせて、アンティークなカラーをチョイスしてみるのも良さそうですね。

あなたのアイデア次第で使い方、アレンジの仕方は自由自在!
壁面収納OSAMARUを使って、是非理想のレコードラックをカスタマイズしてみてください。

セクション線

page
top