人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
壁面収納 キッチンのアイデア事例集
「キッチンカウンター」は自作DIYより壁面収納OSAMARU

チョイ置きが便利な「キッチンカウンター」は自作DIYより壁面収納OSAMARUで簡単安全に!

「ここに食材や調味料を仮置きしておけるカウンターがあったらいいのに・・」
キッチンでの作業中、ちょっとした物を置けるカウンターが欲しくなることがありますよね。毎日のように使うキッチンですから、使い勝手の良さはとても大切です。

しかし、意外にも仮置き台・収納としての役割を両立しているキッチンカウンターはあまり多くありません。
収納メインであまり仮置きのスペースが作れなかったり、逆に仮置き用途がメインで収納量がほとんどないものだったり・・・。

そこで、壁面収納タイプのキッチンカウンターを自作DIYしてみてはいかがでしょう?
自分のキッチンに合った高さに合わせて作れるだけでなく、収納する場所も自由に作れるのでキッチン全体の収納量も上がって一石二鳥。

さっそく、自分でキッチンカウンターをDIYする手順を見ていきましょう。

壁面収納型の「キッチンカウンター」をDIYする準備と手順

1)材料を準備する

【材料】
・木材
・木工用ボンド
・硬質ゴムマット
・釘、ビス、木ねじ
・固定用L字金具
・難燃性塗料
・耐熱タイルシート

まずはキッチンカウンターを作るための材料集めから始めましょう。

特に注意したいのは、カウンターに「歪み」が起きないような木材を選ぶこと。
調理に使うのは陶器やガラスなどの割れ物ばかりなので、歪みがあると乗せた食器類が落ちて割れてしまうためです。

おすすめは「集成材」という木材で、小さな木片が圧縮して作られているので木材の繊維の向きがバラバラなので湿度の吸収によって木材が反っても歪みが起きにくいのです。

カボチャなどの重い食材や、スープの入った鍋などを置いても大丈夫なように、厚さが20mm以上あるものを選ぶようにしましょう。

2)道具を準備する

【工具】
・金槌、電動ドリル(木材固定用)
・電動のこぎり(木材切断用)
・メジャー、L字定規
・水準器
・きり(穴あけ用)
・紙やすり
・水平器

材料がそろったら、キッチンカウンターの木材を加工する工具を準備していきます。

集成材は硬く厚みがあるので、手動のこぎりでのカットするにはかなりの体力が必要です。しかも垂直に切れない可能性が高いため不慣れな方には手動のこぎりはおすすめできません。

そこで、電動のこぎりを購入しましょう。電動のこぎりなら、比較的簡単に木材を切り揃えることができます。

電動のこぎりの相場は最安で5000円ほどですが、電動工具は便利な一方で危険もつきもの。安全を考えて、ハンドプロテクター付きの8000円以上のモデルを選びましょう。

3)加工・組み立てる

【加工の手順】
1.方眼紙で設計図の作成
2.木材の部品をカット
3.木材のやすりがけ
4.組み立てて釘やビス、L字金具で固定
5.そり、全体の調整
6.難燃性塗料で塗装
7.タイルシートを貼り付ける

最後に、材料を工具で組み立てれば完成です。

木材ひとつの長さがずれるだけで簡単に全体が歪んでしまいますから、カウンターが歪まないように必ず先に詳しい設計図を作っておいてください。

組み立て時のポイントは、安定させることを最優先に考えることです。
固定する面に木工用ボンドをつけて釘やビスを打ち込み、さらにジョイント部分をL字金具で補強します。
安定しない場合は、さらに柱を増やして補強します。この時、補強の柱はできるだけカウンターの内側に来るようにしましょう。外側にあると、調理中の移動の邪魔になってしまいます。

カウンターの加工が終わったら、水平器で床と水平か確認します。
冒頭でも書きましたが、キッチンカウンターは重いものや熱いもの、鋭いものを置く場所なので少しのゆがみが取り返しのつかない事故につながることもあるので、要注意です。

つぎに、不燃性の塗料で木材部分を全体的にコーティングします。
キッチンでは水はね・油跳ねが当たり前なので、腐敗と引火を防いでおく必要があるのです。

最後に、簡単に汚れを掃除できるよう石材やタイルを敷き詰めましょう。
最近では簡単に貼れる「タイルシート」も選べるので、キッチンに対応した防水・耐熱タイプのタイルシートを上部に貼り付けて完成です!

安全なキッチンカウンターがすぐに作れる【壁面収納OSAMARU】の簡単DIY

キッチンカウンターは食材のカットや皮むき・料理の盛り付け・後片付けのために使う場所です。
不安定な作りだと、乗せておいたモノが落ちてきて自分や家族がケガしてしまうかもしれません。

確かにキッチンは毎日つかう場所ですから使い勝手は切実な問題ですが、それほど大きなリスクをとってまで自分でDIYしたくはありませんよね。
それに、見てきたとおり作る過程も決して簡単ではありません。

自作DIYのそんなデメリットをなくしつつ、キッチンの使い勝手を格段に上げてくれる。そんな簡単DIYの壁面収納キットが【壁面収納OSAMARU】です。

キッチンカウンターが1時間で作れるシンプル構造

自作DIYでは材料を集めて購入するだけで1日以上、設計図に数日、加工にも数日かかってしまうのが一般的です。

しかし、壁面収納OSAMARUの組み立てにかかる時間は「1時間以内」が目安です。
しかもこれは、女性一人で壁一面が埋まるような大型サイズを組み立てた場合の時間ですから、実際はもっと早く組み立てることもできます。

さらに、壁面収納OSAMARUは木材のプロが緻密に設計した国産木材製。
これだけ簡単に組み立てられる構造でも、本体の強度・安定感は抜群です。

壁面収納のキッチンカウンター(タテ3コマ)について詳しく見る>

キッチンを圧迫しない「自由な奥行き」

壁面収納OSAMARUのベーシックなタイプは「タテ325mm×ヨコ325mm×奥行き350mm」という大容量のキューブ型。
キッチンの作業空間を圧迫されたくない場合は、奥行きが250mmの薄型タイプも選べます。

保存がきく調味料を大量に入れておくこともできますし、見分けがつきにくい粉類もコマごとに分ければ簡単に整理することができますよ!

安心で安全【壁面収納OSAMARU】で家族のためのキッチンをDIY

キッチンは調味料から食材、調理器具までモノが多い場所ですから、収納量が少ないキッチンは必然的に狭ぜまとしてきてしまいます。
結果としてキッチンに立てる人が1人の作業スペースしか確保出来ず、孤独な作業になり勝ち。家族が手伝いたくても場所がない!

こういった状況は壁面収納OSAMARUを使えば解決!
理想のキッチンを簡単にDIYすることができます。

カスタマイズ自在!思い通りのキッチンを

壁面収納OSAMARUは、とても自由度の高い壁面収納です。

壁一面を埋める大型タイプだけでなく、高さ774mm~1070mmの「ローボード収納」や、デッドスペースになりがちなコーナーエリアを活用できる「コーナー収納」などが充実しています。

シンプルなキッチンカウンターを作るなら、3コマ高さ1070mmのローボード収納がおすすめ。
下ごしらえで火を通した食材や、これから調理するカットした野菜などを「チョイ置き」しておけるので、調理に使いたいシンクまわりのスペースはしっかり確保し、調理の邪魔になりません。

下ごしらえ自体を他の家族にも手伝ってもらえるスペースとしても利用できるので、食材をカットしてボウルに入れるところまでは壁面収納OSAMARUの「ローボード収納」の上で行ったりが可能です。これなら近くで会話しながら並行して調理がすすめられますね!

壁面収納ローボードについて詳しく見る>

また、収納力重視なら壁一面の大型タイプを設置することで、「収納に困らない」いつでもキレイに整頓されたキッチンを作ることができます。

壁一面の大型タイプ壁面収納について詳しく見る>

コーナー壁面収納について詳しく見る>

壁面収納OSAMARUは扉のないオープンタイプだから、壁面収納OSAMARUをキッチンとダイニングの間に置くことで閉塞感のないオープンキッチンが作れます。
さらに「デスク付き」タイプの壁面収納を使えば、壁面から半島のようにカウンターが伸びる人気の「ペニンシュラタイプ」のキッチンを作ることもできるんですよ!

みんなの食事はみんなで作るのが一番!
餃子の皮つつみや、大量のヘタ取り作業は、1人で行うと大変な「作業」ですが、家族みんなでおしゃべりしながら行うとお料理イベントになりますよ。

壁面収納OSAMARUで「ペニンシュラキッチン」を作る方法はこちら>

木製だから「追加DIY」も簡単

木製の壁面収納OSAMARUは、ちょっとしたDIYを追加することも簡単です。
例えば、汚れ対策のタイルシートも天板部分に貼るだけで完成。

収納が安定していてもモノが落下する危険はあるので、OSAMARUの淵部分に滑り止めのゴムマットなどを接着すれば更に安心ですね!

特にまだ背の低いお子さまのいるご家庭では安全対策にし過ぎるということはありません。「みんなの食事はみんなで作る」楽しい時間は安全が確保されていてこそ!
その点でも壁面収納OSAMARUは市販の安全対策グッズが追加DIYしやすい木製ですから、安心ですね。

壁面収納OSAMARU自体の固定は必ず行う!

壁面収納OSAMARUは木材のプロによる設計ですが、壁面収納OSAMARU自体を壁や天井、床への固定は必ず行うようにしましょう。

特にキッチンカウンターとして使う場合は、壁面収納OSAMARUは自立している状態なので、壁面への固定、安定板や転倒防止補助脚などの転倒防止の追加DIYを必ず行いましょう!

キッチンカウンターは、自作でDIYすることもできます。
しかし1週間近くかかることもある大変な作業ですし、キッチンカウンターの不安定さは大きな事故につながることもあるため素人には危険です。

危険をできるだけ減らしたうえで使い勝手のいいキッチンを作るためにも、プロの設計による安心安全な壁面収納OSAMARUの簡単DIYをおすすめします!

セクション線

page
top