壁面収納 本棚のアイデア事例集

壁面収納タイプの本棚は自由につくれるDIYは本当にお得?

壁面収納 本棚

「天井付近のスペースにも本が置けたらいいのに」

本はいつの間にか数が増えていってしまうもの。重くて、かさばるものであり、手放しにくいものでもあります。

部屋のスペースには限りがありますが、使われていない部屋のスペースとして天井付近の高い位置があります。

このスペースを有効利用するには壁面収納が適切なのですが、据え付け型の壁面収納は30万円以上のお値段がするなかなか手の出しにくいものでもあります。

壁面収納の本棚を安価に手に入れるためには、壁面収納の本棚をDIYで自作するという方法もあります。

DIYなら「お得」で「自由」にお部屋に合ったものを作ることが出来ますね。

自宅でできるDIYで、素敵な壁面収納の本棚を作る方法について見ていきましょう!

壁面収納の本棚を自分でDIYする方法!

壁面収納の本棚を自分でDIYする方法!

1)材料の準備

まずは、材料を揃えます。

【材料】
・木材
・木工用ボンド
・硬質ゴムマット
・クギ、ビス、木ネジ
・固定用L字金具

本は重量があるので、素材は慎重に選ぶ必要があります。完成したばかりの頃は問題なくとも、時間がたつにつれて重みで歪んでいくことがあるためです。一か所の歪みは全体の歪みになり、壁面収納の強度も弱くなってしまいます。

そこで、本棚に使う木材には「SPF材」を使いましょう!

SPF材は、ほとんどのホームセンターに置いている代表的なDIY素材です。サイズが規格化されているため、初めてのDIYでも加工しやすいのが特徴。

横板だけではなく柱としても使える強度なので、これ一種類だけで壁面収納を作ることができるんです!

2)道具の準備

材料が揃ったら、次は工具を揃えましょう。

【工具】
・金槌、電動ドリルなど(木材切断用)
・のこぎり・メジャー
・L字定規、水準器
・キリ(穴あけ用)
・紙やすり

3)加工と組立

材料と道具が揃ったので準備は万端です。さっそく、加工していきましょう。

【加工の手順】
・方眼紙で設計図の作成
・それに合わせて材料の木材をカット
・木材のやすりがけ
・組立て、固定
・そりの調整

本棚の設計としても、地震などで振動がかかった時でも倒れにくいよう、下のコマには重い本、上のコマになるにつれて軽い本を置くのが望ましいです。

そのため、一番下のコマは高さ「30cm以上」を目安に、A4サイズの大きな本が入る仕様にするのがおすすめです。

「組み立て、固定」の段階では、使う工具に気を付けましょう。

電動ドリルとビスを使えば比較的楽に木材を固定できますが、割れやすくなってしまいますので、あまり厚さや強度のない木材を固定するときは、細めの釘(三八~四五サイズ)を使った方が固定しやすいです。

壁面収納型本棚のDIYは、実はあんまりお得じゃない?

壁面収納型本棚のDIYは、実はあんまりお得じゃない?

ここまで本棚を自作DIYする手順を見てきましたが、実は工具にかなりの費用がかかってしまうんです。

そのため、これから何度も自作で家具などを作る予定がない限り、自作DIYはそこまで「お得」な方法ではないんです。

しかも、余程DIYの経験が無い限り、天井までの高さの大きな壁面収納を設計から素人が行うのは無理がありますし、危険です。

簡単に、道具を揃えることなく十分な強度の壁面収納を手に入れる方法は無いのでしょうか?

差し込み組み立てで完成する壁面収納OSAMARUという選択肢

DIYが未経験でも、設計やカットはプロに任せて、組み立てるだけの簡単DIY【壁面収納OSAMARU】ならすべて解決です。

壁面収納OSAMARUは一般的な据え付け型の壁面収納に比べて大幅に低コストで、組み立ての労力も最小限で済む壁面収納本棚です。

シンプルな構造で、小一時間で組み立てできる

壁面収納OSAMARUは、まず何と言っても組み立てが簡単です。

女性が一人で組み立てても、たった小一時間程度で背丈より大きな壁面収納が作れてしまいます。使うのも主にボルトとレンチだけで両方ともOSAMARUのキットに付属しています。

詳しい壁面収納OSAMARUの組み立て方はこちら>

とってもシンプルな構造でありながら、木材の専門家たちが設計した抜群の耐久性も兼ね備えています。

組み立てが簡単ということは、分解も簡単ということ。動かしづらい一般的な壁面収納と違って、楽々お引越しできるんです。

「見せる収納」で収納がもっと楽しく

「見せる収納」で収納がもっと楽しく

壁面収納OSAMARUのコンセプトは「見せる収納」。その為、扉が付いていません。

これまでは「しまう」だけだったお気に入りのモノも、OSAMARUに飾れば「しまう」をしながら「みせる」ことができます。

集めた本の背表紙を眺めることもできれば、本以外でもコレクションや雑貨がお部屋のインテリアの一部に。

主張しすぎないナチュラルな木材の色合いで、自然と見せたいモノを強調してくれます。

天井まで届く大きな壁面収納だと、地震のときの転倒が怖いですが、壁面収納OSAMARUには専用の転倒防止用アジャスターが設置できるので、地震国の日本でも安心して使っていただけます!

OSAMARUの「転倒防止用アジャスター」はこちら>

壁面収納の本棚は本棚同士を「つなげる」DIY

壁面収納の本棚は本棚同士を「つなげる」DIY

「見せる収納」の壁面収納OSAMARUは、縦横のコマを自由に選ぶことができ、奥行きも3タイプから選べるだけでなく、「デスク付き」や「カウンターデスク付き」「テレビ開口部付き」など様々なオプションから好みの物を選ぶことができます。

さらに、壁面収納OSAMARU同士を接続する「コーナー収納」も用意されているのです。

コーナー収納で壁面収納を拡張できる!

コーナー収納で壁面収納を拡張できる!

コーナー収納を使うと、タテ7コマの高さの壁面収納OSAMARU同士をL字型に連結することができます。しかも、このコーナー収納自体がタテ7コマの収納になっているのです。

2つの壁面収納OSAMARUをコーナー収納で連結することで「L字型」の壁面収納が実現でき、部屋の2面をすべて壁面収納とすることもできます。

さらにもう1つの壁面収納を連結してコーナー収納2つの「コの字型」の壁面収納とする事も可能なのです。

OSAMARUのコマ数を調整し、「Z字型」や、「コの字型」をいくつも並べて「半島型」の壁面収納を作ることもできるのです。

壁面にそって設置しなくても、小さめの「コの字型」や「Z字型」のOSAMARUを部屋の真ん中に設置しても良いですし、壁のように使うこともできます。

あなたのアイデアを実現する自由度が壁面収納OSAMARUのDIYの魅力です。

page
top