人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
壁面収納 本棚のアイデア事例集
天井いっぱいの収納をDIYするとどうなる?

天井いっぱいの収納をDIYするとどうなる?
ローコストの壁面収納棚ってあるの?

壁面収納 本棚

「天井付近のスペースにも本が置けたらいいのに」

毎日の暮らしの中で、本はいつの間にか増えていってしまうものですよね。重くて嵩張るため、なかなか手放しにくくもあります。
天井付近のスペースはなかなか活用しにくい場所なので、どうしたらいいかとお困りの方も多いのではないでしょうか。

このスペースを有効利用するには「壁面収納本棚」がおすすめ。
・・・なんですが、据え付け型の壁面収納は30万円以上するものも多く、取り付けに大掛かりな工事が必要だったりと簡単に手の出しにくいものです。

コストの問題を解消するため、壁面収納の本棚をDIYで自作するという方法も耳にします。DIYなら「お得」で「自由」にお部屋に合った収納棚を作ることが出来るんでしょうか?

さっそく素敵な壁面収納の本棚を作る方法について見ていきましょう。

壁面収納の本棚を自分でDIYする方法!

壁面収納の本棚を自分でDIYする方法

1)材料の準備

まずは、必要な材料を揃えます。

賃貸のお部屋などでも大活躍する「ディアウォール」や「ラブリコ」を使って棚をDIYする方法もありますが、今回はきっちり木材を準備して組み立てまで行う方法をご紹介します。

材料を買う前に・・・。設置を予定している場所の「床」から「天井」までの高さはしっかり測ってから買いに行って下さいね!
木材の長さも、理想の高さにしっかり足りるかどうかは必ず下調べをしないと、最悪木材を丸々1本を買いなおす羽目になりかねません。

【材料】
・木材
・木工用ボンド
・硬質ゴムマット
・クギ、ビス、木ネジ
・固定用L字金具

本は重量があるため、素材は慎重に選ぶ必要があります。完成した直後は問題なくとも、時間が経つにつれて重みで歪むことがあるためです。一か所の歪みは全体の歪みに繋がり、壁面収納の強度も弱くなってしまいます。

ちなみに本棚に使う木材には「SPF材」がオススメ!
SPF材は、ほとんどのホームセンターに置いている代表的なDIY素材です。

「2×4(ツーバイフォー)」なんて言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、これはサイズの規格です。きちっと規格化されているため、初めてのDIYでも購入&加工しやすいのが特徴です。
実は柱としても使えるほどの強度を持っているので、これ1種類だけで壁面収納を作ることができちゃう便利な木材なんです。

もちろん自分の好きな素材を選んでもOK!おうちにあった見た目に仕上げられるのがDIYの魅力です。
その場合は、重たい本を入れても耐えられる強度を出せるのか、しっかり調べてから購入しましょう。

2)道具の準備

材料が揃ったら、次は工具を揃えましょう。

【工具】
・金槌、ドライバー、電動ドリルなど(木材切断用)
・のこぎり・メジャー
・L字定規、水準器
・キリ(穴あけ用)
・紙やすり

3)加工と組立

材料と工具が揃ったら、さっそく加工していきましょう。

【加工の手順】
・方眼紙で設計図の作成
・木材のカット
・木材のやすりがけ
・組立て、固定
・反りの調整

本棚を設計する際は、地震などで振動がかかった時でも倒れにくいよう、下のコマには重い本、上のコマは軽い本を置くことのが望ましいです。
そのため、一番下のコマは高さ「30cm以上」を目安に、A4サイズ以上の大きな本も収納できるようにするのがオススメです。

「組み立て、固定」の段階では、使う工具に注意!
電動ドリルとネジを使えば楽に木材を固定できますが、割れやすくなってしまうので、あまり厚さや強度のない木材を固定するときは、細めの釘(三八~四五サイズ)を使った方がしっかり固定しやすいです。

DIYは実はお得ではない?

ここまで本棚を自作DIYする手順を見てきましたが、実は工具にかなりの費用がかかってしまうんです。また、木材カットや運搬なども、なかなかに大変な作業です。
これから何度も家具などを自作する予定がない限り、DIYはそこまで「お得」な方法とは言えなさそうです。

残念ながらDIYの経験が豊富でない限り、天井いっぱいの大きな壁面収納を初心者が設計するのは難しいですし、危険です。
より簡単に、十分な強度の壁面収納を手に入れる方法は無いのでしょうか?

壁面収納OSAMARUという選択肢

壁面収納型本棚のDIYは、実はあんまりお得じゃない?

DIY未経験でも、設計やカットはプロに任せて、組み立てるだけの【壁面収納OSAMARU】ならすべて解決です。

壁面収納OSAMARUは一般的な据え付け型の壁面収納に比べて大幅に低コストで、組み立ての労力も最小限で済む壁面収納本棚です。

シンプルな構造で、約1時間で組み立て完了!

壁面収納OSAMARUは、なんと言っても組み立てが簡単です。

作り方はとっても簡単。縦板と横板を説明書通りにはめ込んで、付属の金具でしっかり固定するだけ。

女性1人で組み立てても、たった1時間程度で背丈より大きな壁面収納が作れるんです。
主に使用するボルトとレンチは両方ともセットとして付属していますので、工具を買いに行く必要もありません。

詳しい壁面収納OSAMARUの組み立て方はこちら

とてもシンプルな構造でありながら、木材の専門家たちが設計した抜群の耐久性も兼ね備えています。
組み立てが簡単ということは、分解も簡単ということ。一度設置すると動かしづらい、一般的な壁面収納と違ってお引越しも楽々です。

「見せる収納」で収納がもっと楽しく

壁面収納OSAMARU

壁面収納OSAMARUのコンセプトは「見せる収納」。その為、扉が付いておらず、背板もないオープンな構造です。
これまでは「しまう」だけだったお気に入りのモノも、OSAMARUに飾れば飾り棚に並べたかのように魅力的にディスプレイ可能。

集めた本の背表紙を眺めることもできれば、本以外でもコレクションや雑貨がお部屋のインテリアの一部に。
主張しすぎないナチュラルな木材の色合いで、自然と見せたいモノを強調してくれます。

「天井まで届く大きな壁面収納だと、転倒しそうで怖い」という方もご安心ください。
壁面収納OSAMARUには別売りの転倒防止用アジャスターが設置できるので、地震大国の日本でも安心して使っていただけます。

色はブラックとホワイトの2種類。お部屋のイメージに合わせて使い分けてください。

「転倒防止用アジャスター(LABRICO)」はこちら>

本棚同士を隙間なく繋げる

壁面収納の本棚は本棚同士を「つなげる」DIY

「見せる収納」の壁面収納OSAMARUは、縦・横のコマ数を自由に選ぶことができ、奥行きも3種類から選べるだけでなく、
「デスク付き」「テレビやモニター用の開口部付き」「薄型タイプ」など様々なラインナップから、部屋にピッタリな物を選ぶことができます。

さらに、壁面収納OSAMARU同士を接続する「コーナー収納」もご用意しております。

コーナー収納で壁面収納を拡張できる!

安心して使える【壁面収納OSAMARU】のコーナー壁面収納

コーナー収納を使うと、タテ7コマの高さの壁面収納OSAMARUをL字型に連結することができます。
しかも、このコーナー収納自体がタテ7コマの収納になっています。

コーナー収納を2つの壁面収納OSAMARUで挟み込むことで、お部屋の2面を大胆に使った「L字型」の壁面収納を作ることが出来ます。

さらに、もう壁面収納とコーナー収納をもう1セット繋げれば「コの字型」の壁面収納とする事もできちゃいます。壁面にそって設置しなくても、小さめの「コの字型」や「Z字型」のOSAMARUを部屋の真ん中に設置しても良いですし、パーテーションのように使うこともできます。

まとめ:自由にカスタマイズできる壁面収納

OSAMARUの壁面収納は「DIYキット」として販売しています。
木材をカットして一から作るのは少し大変ですが、OSAMARUなら「作る楽しみ」も残しつつ、自由にカスタマイズすることができます。

たっぷり収納が付いたOSAMARUを使って、是非お部屋をすっきり整理整頓してみてくださいね。

オーダー壁面収納も承っております。無料お見積りも可能!ご相談&ご依頼をお待ちしております。

壁面収納OSAMARUのよくある質問はこちら

Instagramにて最新の情報を随時発信中!是非フォローしてください! - @osamaru030

セクション線

page
top