人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

オフィスをリニューアル
カタログ請求
DIY DIYのアイデア事例集

壁に棚をつけることで収納力が大幅アップ!壁に穴を開けないで棚を設置するアイデア集!

DIY
壁に棚をつけることで収納力が大幅アップ!壁に穴を開けないで棚を設置するアイデア集!

生活をしていると、どんどん物が増えていきます。最初は収納スペースに余裕があるので、気にならないですけど、気が付けばどんどん増えてしまい、収納スペースに入りきらなくなると、片づけや掃除がしづらくて苦労します。

荷物が増えてしまいがちなものとして本や雑誌がありますね。いっぱい買い過ぎてカラーボックスや本棚に収まりきらないと、床に置くなり、積み上げておけばいいのですが、スペースが狭くなるのと、掃除がしづらいのが難点ですね。

部屋を広く使いたいので収納を増やしたいけど、費用を掛けたくないときは、壁に棚をつけて収納力をアップすることがおすすめです。

でも、壁に棚をつけたいけど方法がわからない方や、賃貸だから壁に穴は開けられない方、壁の素材がわからなくてどうしたら良いのだろうと悩みますね。この記事では、壁に棚を取り付けるために、どのようにDIYしたら良いのか紹介していきます。

持ち家で壁に穴を開けても大丈夫な方には、壁に穴を開けるために必要なことを紹介します。賃貸なので穴は開けたくない方は、壁に穴を開けなくても棚をつける方法と、穴が目立たないグッズを使って壁に棚をつけるアイデア集をご紹介します。ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。

壁に棚を作ることのメリット

壁に棚を作ることのメリット

壁に棚をつけることはメリットがたくさんあります。既製品ではなくDIYで設置することにもメリットがあります。既製品だと部屋のサイズと合わないことも多く、すべてのスペースを有効活用できません。

壁に棚を作ることで、部屋をより広く使う工夫ができます。DIYを行うことで費用を安価に抑えることも可能です。自分の好みにピッタリな棚を作ることができる点がとても魅力ではないでしょうか。自分の使い勝手の良いように作り上げるのは楽しいですね。

また、壁面収納にすることによって、空いている壁のスペースを無駄なく使うことができ、部屋を広く使えます。加えて、DIYですと自分好みの色に塗装もできますし、仕上げもワックスやニスなどで思いのままに選べます。自然塗料を使えばアレルギーの対策もできます。

まずは賃貸のアパートやマンションにお住まいの方は、原状復帰が必要なので壁に穴を開けられないという方も多いでしょう。もしくは持ち家であっても、壁に傷をつけたくないという持ち家の方にピッタリの壁に穴を開けないで棚を取り付ける方法を紹介します。

DIYで壁に穴を開けないで棚を取り付ける方法

DIYで壁に穴を開けないで棚を取り付ける方法

つっぱり棒を利用する

つっぱり棒は、壁と壁の長さに合わせて自由に長さを変えることができる伸縮自在な棒のことで、便利なアイテムの1つです。最近では100円ショップでも見かけることが増えてきました。またホームセンターでも簡単に手に入ります。シンプルなつっぱり棒の他にも、可愛い装飾が施されたものもあります。

1本配置することで、物を吊るして掛けることができます。2本配置したら、板を乗せて棚を作ることもできます。さらに、ワイヤーネットや板をL字に組んで、すのこを活用することで、さらにクオリティの高い棚が仕上がります。

トイレにつっぱり棒を備えつけて棚を作ってトイレットペーパー置きにもできますし、脱衣所や洗面所に備えつけて洗剤やシャンプー、コンディショナー、トリートメントなどの予備を収納できるので、様々な場面で活用できます。

続いて紹介するディアウォールよりDIYをせずにすむ、つっぱりラックもおすすめです。
つっぱり棒と簡易式のラックがセットになったタイプです。耐荷重には注意が必要ですし、天井の下地構造材がない部分に設置してしまうと、つっぱりの強度が弱くなり、より耐荷重が少なくなりますので注意してください。

イレクターパイプを利用する

イレクターは、スチールパイプにプラスチックをコーティングしているDIY用の素材です。屋内のみならず屋外でも様々な用途に使用できます。ジョイントの種類も数百種類あり、思い通りの形に仕上げることができます。

プラスチックコーティングなのでさびにくく、スチールパイプなので軽くて丈夫なので、大型の植物だなやラックも作ることができます。

イレクターパイプでハンガーラックを自由に自作することもできます。後付けで棚をつけることや、サイズ変更や作り直しをするときも、新しいパイプを追加してジョイントと組み直すことで、自由自在に形を変えられます。もちろん壁を傷つけずに作れるので、賃貸マンションやアパートでも安心してDIYできます。

ディアウォールを利用する

ディアウォールとは、市販の1×4(ワンバイフォー)の板材と、2×4(ツーバイフォー)の板材を使用して収納棚を作るときのつっぱり収納用のパーツです。

1×4(ワンバイフォー)と、2×4(ツーバイフォー)の木材にセットすることで床と天井に傷をつけずに固定できるので、手軽に柱を作ることができるアイテムです。ディアウォールの公式サイトや、ホームセンターやネット通販などで、1,000円前後で購入することができます。

ディアウォール2組と2×4(ツーバイフォー)材が2本、その間に渡す板があるだけで、基本的な棚が完成します。

ラブリコを利用する

LABRICO(ラブリコ)は、業務用や男性向けが多く、手順が複雑であることや、工具が必要なDIYパーツを、女性でも安心して使えることをモットーに作られた安全で手軽なDIYパーツブランドの商品です。

アジャスターはバネ付きのジャッキ型になっているので安定感があり、組み立てに工具はほとんど使用しなくて良いので、DIY初心者や女性にも人気のパーツです。

アジャスターで木材をつっぱらせて柱を作り、天井と床の隙間もピッタリ塞げるので、耐震性にも優れており、原状復帰が必要な賃貸のアパートやマンションでも安心して使用することができます。

OSAMARUの壁面収納もラブリコと組み合わせて使用しており、どちらも長さや高さを調節できるので組み立てやすく、OSAMARUの木材と、ラブリコは1色で統一することで、バランスの取れた壁面収納ができあがります。

ラブリコなどDIYグッズを詳しく見る

パンチングボードを使う

パンチングボードはDIYでも人気が高いアイテムです。ボードに小さな穴がいくつも開いた構造ですが、収納としての使い道もあります。穴にフックを取り付けて吊り下げ収納に使うこともできます。ダボレールや棚受けを取り付けることで棚にもなります。

OSAMARUの壁面収納を使う

OSAMARUの壁面収納は、四隅以外は、背の板が付いていないオープンタイプの壁面収納です。背板をあえてつけないことで、解放感があることや、両面から物を取り出すことができる便利な側面もあります。

オープンタイプなので、本やCD、レコードなど形の決まったものを収納することで、壁面収納と家具のすべてがインテリアとして室内がオシャレに見える収納を実現します。

DIYで壁に穴を開けて棚を取り付ける方法

DIYで壁に穴を開けて棚を取り付ける方法

続いて、持ち家なのでしっかり壁に固定をして、棚を取り付けたい場合の壁に棚を設置する方法を紹介します。壁に穴を開ける際は、様々な点に注意しなくてはなりません。
注意する点と実際に穴を開ける方法、収納はどのような方法があるのかを紹介していきます。

まずは壁材の確認から

住宅や賃貸マンションによって、壁材に違いがあります。壁に穴を開けるときは壁材を確認し、正しい方法で穴を開けていきましょう。住宅で使用されている壁材の大半は石膏ボードとベニヤ板・真壁、後は鉄筋コンクリートの3種類です。

9割の家の壁が石膏ボードでできています。石膏ボードは耐火性および防音性に優れており安価だからです。しかし、強い衝撃に弱い面もあります。石膏ボードに穴を開ける際には専用の工具である「アンカー」を使用する必要があります。アンカーを使うと石膏ボードにもキレイに穴があきネジを締めることができます。

ベニヤ板は合板と呼ばれる、薄い板を複数枚張り合わせて1枚の板にしたものです。ベニヤ板には2.3mm~30mmまで厚さのバリエーションがあります。傷が付くとささくれるので、内装材としてはあまり使われることはありません。ベニヤ板に穴を開ける場合には中にある柱や胴縁を探しましょう。

真壁とは、柱を露出する壁のことで、和室や数寄屋造りや書院造などの伝統工法が用いられた建物に見られます。

鉄筋コンクリートは、マンションの壁に使用されることが多い壁材です。たとえ穴を開ける許可を得ていても、注意が必要です。

壁に穴を開けるには

壁に穴を開ける前に確認が必要なこととして、下地や柱を探すことが必要です。壁に穴を開けて棚を設置するには、壁の下地にネジを留める方法が確実です。

下地や柱を探すとき一番簡単な方法は、ノックをするように叩くことです。叩いたときの音によって奥が空洞なのか下地があるのか判断できます。ただ素人だと判断がしにくい場合は、下地センサーを使うか、針を刺して確認しましょう。

下地センサーは通販サイトで調べると2000円前後で購入できます。他は下地を探すための専用の刺し針を購入して確認する方法もあります。お好みの方法で下地を探しましょう。

L字金具とアイアンで作る棚

キッチンの壁に棚があると、調味料を置くスペースができ、調理器具を保管する場所が増えるので便利ですね。そんなキッチンの壁には、L字金具とアイアンで棚を設置するのがおすすめです。

野地板を壁につけてから棚を設置

移動ができる棚を壁にDIYするために、野地板のみビスで壁につけておき、棚は壁を傷つけずに棚を作ることもできます。棚は野地板の上であればどこでもつけられるので、高さも調節しやすいのと道具は100円ショップのセリアでも購入できる安価なところも良いですね。

棚板の高さを変更できる棚柱

『棚柱』と呼ばれる支柱を使うと、棚板の高さを自由に調節することが可能です。棚柱には、棚受けを取り付ける穴がいくつも開いており、そこに棚受けの金具を引っ掛けて固定して使います。設置する家具によって、高さを調整できるのは整理しやすくて便利です。

棚受けが見えないフローティングシェルフ

フローティング シェルフとは、棚受けを棚板の中に埋め込んで壁に取り付ける棚のことです。棚受けが外から見えなくなるので、棚板が浮いて見えるちょっと不思議な棚です。スッキリした見た目の棚になるので、シンプルさが好みな人にはおすすめの手法です。

まとめ

ここまで、壁に棚をつける方法を紹介しました。持ち家なのでしっかり壁に棚を固定して収納したい場合と、賃貸のアパートやマンションなので、退去時に原状復帰をしなくてならないので壁に穴は開けられない場合と、それぞれ棚をつけるための条件が異なります。

壁に穴を開けて設置した方が棚の強度は増しますが、様々な条件を確認する必要があります。壁面の素材を確認することや、穴を開ける場所として下地をしっかり探さなくてはならないことや、穴の開け方によっては、建物自体の耐震強度が下がることや、棚の耐荷重も下がることもあり、決して良いことだけではありません。

また何より、一度設置した後に、やっぱり場所を変えたい場合や、棚の高さを変えたいといった際に、開いた穴は原状回復をしなくてはいけない手間もあり、時間も費用もかかります。

壁面収納OSAMARUは、壁に傷をつけずにラブリコと組み合わせることで、床から天井まで安定的な強度を保ちながら、壁面収納を組み立てることができます。背面の板はないのでオープンな収納が実現します。どうしても収納している中身を見られたくないものは、オプションで扉をつけることもできるので安心です。

OSAMARUは光沢のないナチュラルホワイト色で優しい色合いです。スタイリッシュなインテリアにも、どんなタイプのお部屋にも調和できるナチュラルテイストなので、違和感がありません。

持ち家の方、賃貸住宅の方も、まずは原状回復のしやすい壁に傷をつけない方法で、OSAMARUの素材を使って棚を設置して、少しずつDIYをしてアレンジを加えて、自分好みの棚を作りましょう。

セクション線

page
top

LINE接客