人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

オフィスをリニューアル
カタログ請求
DIY DIYのアイデア事例集

壁に穴をあけずに飾る方法!賃貸でも安心!おすすめの便利グッズ

DIY
壁に穴をあけずに飾る方法!賃貸でも安心!おすすめの便利グッズ

賃貸のアパートやマンションだと壁に穴をあけてしまうと、引っ越しの際に修繕費を請求されるのではと思い、なかなか壁面に飾り付けをできないのが悩みです。
持ち家や分譲マンションでも、ポスターや写真、子供の描いた絵画など、飾り付けをしたいものはいっぱいありますが、壁に穴が開くと気になるという方も多いでしょう。

OSAMARUにも壁面収納ができる商品がたくさんあります。
今まで壁に穴をあけたくないからと壁の飾り付けを遠慮していた方に、賃貸マンションでも安心して壁に飾り付けをする方法を紹介します。
すでに穴が開いている場合でも、穴が目立たなくなる方法や、穴を埋める方法も紹介しますので参考にしてくださいね。

壁に穴をあけないで飾り付けをする

壁に穴をあけないで飾り付けをする

今まで、壁に穴をあけたくないからと壁には手を加えなかった方も、
壁に穴をあけないで飾り付けをする方法を探している方が多いのではないでしょうか。
まずは、壁に穴をあけないで飾り付けをする方法をいくつか紹介します。

立て掛け技を利用して飾る

まずは、壁に穴をあけることをせずに、立て掛けで飾り付けをする方法です。
DIYのアイデアを活用して、穴をあけなくても壁の飾り付けを行い収納として使うこともできるのが魅力です。

ひとつめは壁にラダー(はしご)を立て掛けて使う方法です。はしごの足を掛ける場所に網を掛けてフックで吊るし、
普段収納に困るものをディスプレイ感覚で見せることで、ラダー自体がひとつのおしゃれで素敵なインテリアに早変わりです。

他には、ラダーをシェルフにして本棚として利用するのもおすすめです。
賃貸だと、壁に穴をあけられないので、おしゃれに収納できるスペースが増えるのは嬉しいポイントです。

DIYで注目されている「ディアウォール」を利用する

他にはDIYで今、注目を集めている「ディアウォール」。2×4材いう素材に、ディアウォールを装着するのですが、つっぱり棒の役目を果たしてくれるので、床と壁に柱を設置して棚を取り付ければ、壁面収納の棚ができあがります。

ラダーと組み合わせると場所を選ばずに壁面収納が可能になります。OSAMARUの壁面収納はサイズを微調整もできますが、ディアウォールや後ほど紹介するラブリコと組み合わせることもできます。

壁に穴をあけずにパンチングボードを取り付ける

パンチングボードには均等に穴が開いており、そこにピンやフックを差し込むと、様々なアイテムを壁掛けで利用することができます。ワイヤーネットでも代用でき、固定などせずに壁に立て掛けるだけで使用できます。

ただし壁に固定しているわけではないので、あまり重いものを掛けてしまうと、倒れてしまいます。少し重いものを壁掛けで利用したい場合は別の方法にチャレンジしましょう。

穴をあけなくても飾り付けのできる便利グッズ

ラダーやディアウォールの他にも、穴をあけなくても飾り付けをできるグッズもありますので、いくつか紹介します。

・壁用フック
壁紙にテープのような形状で貼り付けられるフックもあります。
壁紙用、クリアタイプ、屋外用、浴室・キッチン用など、用途により粘着力が異なるものも。
使いたい場所によって粘着力を選べると安心ですね。

・ソフト粘着剤
必要な大きさにちぎって貼るだけの簡単なソフト粘着剤です。あまり重いものには対応していないので、写真やポスターなどを貼るのにちょうど良いでしょう。壁紙に使ってはがすときは注意してゆっくりとはがしてください。

・マスキングテープ
絵画や写真を貼るだけなら、四隅にマスキングテープを貼ると可愛い柄もあり壁がおしゃれになります。

グルーガンを使って飾り付けをする

100円ショップでも販売しているグルーガンを利用してDIYする方法です。グルーガンとは、木材や布・紙・プラスチックなど様々な形状のものを接着できるとても万能なアイテムです。
グルーガンは、グルーと呼ばれるスティック状の樹脂を、熱で溶かしてそれぞれの素材に接着させる道具です。

グルーガンは発熱する器具で、先端部分は高温になるので、直接肌に触れることや、やけどをしないように取り扱いには注意して利用しましょう。グルーガンを使うときは安全のために、保護メガネ、耐熱手袋を使う、先端を下に向けて利用する、余熱をしっかり取る、以上の4点をしっかり守って使用しましょう。

OSAMARUの壁面収納を使用する

OSAMARUでは、壁面収納を多数取り揃えています。
リビング、クローゼット、書斎、キッチン、オフィス、洗面所、本棚、廊下など様々な場所に合わせて、壁を傷つけずに壁面収納を設置できます。

タテ・ヨコのコマ数を自由に組み合わせられるので、用途に合わせて高さ・横幅を選べます。また、天井の高さに合わせて、最上段のコマの高さを調節する「高さカット」も無料でできます!
ラブリコを使って固定することも可能です。
扉を付けることもできるので、見せる収納と隠す収納とのバランスを上手に取ることができます。

ラブリコや扉パーツなど、DIYグッズを詳しく見る

天井ギリギリまで収納スペースとして利用できるR加工、他にはどこから見られても良いように、両面化粧仕上げなど細かいオプションも別途利用できます。

壁面収納OSAMARUのオプションを詳しく見る

穴が目立たないように飾り付けをする

穴が目立たないように飾り付けをする

通常の画鋲だと、穴が開いてしまい壁の穴が目立ちますが、最近は穴の目立たないタイプの画鋲も発売されています。

・針の部分がV字になっている画びょう
針がV字になっており、跡が目立たないタイプの画鋲です。

・壁に空けた穴が消える仕組みの画びょう
針に返しが付いている画びょうも販売されています。刺して押し込んだ後、素材を抜くときに返しが引き戻り、穴をふさいでくれます。
完全にふさがるわけではありませんが、かなり目立たなくなります。

・針の部分が細い画びょう
一般の画鋲より細い針が使われており穴が目立ちません。

壁に開いた穴を埋めるためのおすすめグッズとは

壁に開いた穴を埋めるためのおすすめグッズとは

壁に開いてしまった穴は、小さい穴でも広がってしまうと、ちょっとした衝撃で亀裂が入ってしまうこともあります。また床から壁をつたい虫が侵入することもあるので、穴は早めにDIYで埋めておきたいですね。穴の大きさによって修復する方法が異なります。

ネジなどの少し大きめのものから画鋲の壁穴を補修するには、穴の中に手芸用の綿を詰めて、爪楊枝で瞬間接着剤を穴の中の綿と絡めて入れていきます。その後、壁穴補修材(コーキング剤)とを壁穴に充填して乾くまで待ちます。

壁穴補修材(コーキング剤)とは、お風呂場と壁の隙間を埋めるときに使用する白いゴムパッキンのような形状のもので、ぴったりと隙間を埋めることができます。

壁穴補修材(コーキング剤)や綿の代わりに、ティッシュペーパー&木工用ボンドを使う方法もあります。薄いティッシュを小さく切って、壁穴に爪楊枝で詰め込み、上に木工用ボンドを塗ります。ボンドが乾くと透明になり、ほとんど見えなくなります。
他にはお子様にいる家庭でしたら、紙粘土を代用する方法もあります。

壁に傷を付けないで壁掛けをつくる方法

壁に傷を付けないで壁掛けをつくる方法

ワイヤーとクリップを使う

壁面にワイヤーを貼るだけでできる簡単な方法です。ワイヤーとクリップだけで壁の飾り付けの完成です。木製のクリップを使うことでナチュラルな感じに仕上がります。収納というより壁の装飾の要素が強いでしょう。

ワイヤーネットを壁に立て掛ける

100円ショップでも購入可能なワイヤーネットを壁に立て掛けて使う方法です。壁に固定するのではなく、立て掛けるだけなので壁に傷を付けずに、おしゃれな壁掛けを楽しむことができます。

つっぱり棒を使う

つっぱり棒を使うことで、壁に穴も傷も付けずに壁掛けを楽しむことができます。壁掛けをすること以外にも、衣服の収納や脱衣場など様々な用途で使用できて安価なのもポイントです。

ラブリコを使う

上記で紹介しているディアウォールより強度があります。ディアウォールは内部にバネが組み込まれていますが、ラブリコはバネの他にジャッキも付いているので、ディアウォールより強度が強くなっています。重いものを壁に立て掛けるならラブリコを使用すると安心です。
OSAMARUでも転倒防止用のアジャスターとして、ラブリコをオススメしています。

ラブリコなど、DIYグッズを詳しく見る

ピラーブラケット

ディアウォールよりラブリコに近い強度ですが、ピラーブラケットには、長さを調節できるようにアジャスターが付いています。アジャスターはネジ回し式で手動回転します。天井や床との隙間を無くし、固定することができます。

ラブリコとの違いは素材とアジャスターの仕様です。ラブリコはABS樹脂を使用しているのに対し、ピラーブラケットは金属製です。また、アジャスターについてもラブリコはネジ回し式以外に、バネの力を上手く利用してつっぱりの加減を調整します。

すのこ

100円ショップでも購入できるすのこは、DIYの材料としても人気ですが、すのこを壁に立て掛けることで壁掛けをすることができます。さらにフックやピンを使って留めると壁掛けをさらに楽しめます。

オイルやワックスを塗ることで高級感を出すこともできます。木材なので植物との相性も良く他の家具とのバランスも良いので、安価で手軽に使いやすいアイテムです。

まとめ

ここまで賃貸でも安心してできる、壁に穴をあけずに色々なものを飾る方法を紹介しました。
今まで壁や壁面を収納として有効活用することをためらった方も、今回の記事で壁の飾り付けや、壁面収納を試してみたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし壁に穴が開いたとしても、少量の穴であればDIYで修復できますし、穴を目立たせないグッズも増えてきました。気軽に壁の装飾や、壁面を収納として利用して収納スペースを広げることも可能です。毎日を過ごすお家の空間だからこそ、収納のストレスがない生活を送ることができたら、嬉しいし楽しいですよね。

OSAMARUでは資材の販売から製造、制作までトータルで行っています。日本製で使用感の優れた木材を使用して、ナチュラルテイストで統一感のある壁面収納を実現しましょう。

オプションでアレンジも可能ですし、近畿地方にお住まいの方で、自分で組み立てることに自信の無い方には、地域限定で組み立ても行う開梱設置サービスも提供しています。

壁面収納OSAMARUのオプションを詳しく見る

おもいきって壁面の飾り付けを行い、壁面収納を利用して限られた部屋のスペースを有効活用しましょう。

セクション線

page
top

LINE接客