人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

テレワーク
カタログ請求
DIYのアイデア事例集

初心者でもすぐにできる簡単DIYアイデア!実用性も重視するなら、1時間でサクッと作れる壁面収納がおすすめ!

DIY

壁面収納は、普通の家具では使いきれない「ちょっとした隙間」や「天井付近のスペース」をあまさず活用できる便利さが人気です。

ですが費用面ではかなりハードルが高く、よくある「据え付け型」の壁面収納は、本体の値段だけでなく設置・解体工事の費用もかかってしまうのでかなり高額なのです。

そこで、壁面収納を自分でDIYしてみてはいかがでしょうか?
「DIY」とはDo It Yourself(自分でする)という英語の略。簡単なタイプの壁面収納なら、DIYの経験がなくても作ることができるんです。
DIYすれば購入より安く済みそうですし、自分のお部屋の間取りにぴったり合ったものを作れますね。

「壁面収納は欲しいけど、本格的なDIYはちょっと難しそう」
そんなDIY初心者でもつくれる、簡単な壁面収納のアイデアを見ていきましょう。

初心者からできるDIY!簡単につくれる「壁面収納」アイデア

それではさっそく「知識ゼロ」からつくれる壁面収納のDIYアイデアを見ていきましょう。

「棚受け」でつくるポップな壁面収納

「棚受け」は、壁に簡易な収納を作れるアイテムです。
ネジを使って壁に取り付け、ホームセンターなどで買える木材を棚板として乗せれば完成!
これなら、数時間あればつくれてしまいますね。

しかも、棚受けのタイプはとっても豊富。素材は、どんな部屋にもマッチする「アイアン」が人気です。
廊下のちょっとしたインテリアにもぴったりですし、玄関の小物置きとして作ってみてもいいですね!
小ぶりの棚が、あなたのお部屋をかわいらしいポップな空間に演出してくれます。

「立てかける」か「つるす」だけ!穴をあけないインスタント壁面収納

「ウチは賃貸だから、壁に穴をあけるのは・・」という場合でも安心な、穴をあけずにできる壁面収納DIYもあるんです。
これなら、立てかける・つるすスペースさえあれば作れてしまいますね!

【ワイヤーメッシュ】

ワイヤーメッシュは、硬いワイヤーがメッシュ状に組まれたもので、ホームセンターや100均ショップで簡単に手に入ります。
立てかけるか、上からつるすだけで壁面に収納を作れるアイテムです。

キッチンではフックをかけてコップや調理器具をつるす収納に、リビングでは写真などを飾っておくおしゃれなディスプレイとしても使えますね。

【有孔ペグボード】

ペグボードは別名パンチングボードともよばれており、板に等間隔で穴が並んでいるアイテムです。
フックをかければ小物をつるせるだけでなく、専用キットを使えばペグボードに棚を作ることもできる抜群の汎用性。

最近はデザインがおしゃれなペグボードも多く、海外でも流行しています。

【ラダー】

ラダーとは、「はしご」のことです。
高いところに上るためのこのアイテムを、インテリアとして使うのがおしゃれ上級者。
立てかけるだけで収納として使うことができますしマフラーや帽子など、外出用ファッションをかけておくのに便利です。

ラダー自体はボルトで木材をつないで自作することもできますし、アンティークショップなどにはインテリア用のラダーが売られています。
丁度いい収納が見つからないような狭いスキマにも、ラダーならスッキリ置けて嬉しいですね。

簡単壁面収納のDIYの最大の欠点とは?

これらの壁面収納なら、DIYの知識がなくても作れてしまいます。
ただ、これらは「収納」というよりはインテリアの一部です。小さく簡易なつくりなので乗せておけるのは小物だけ、収納量もほとんどありません。

また、このような収納効率の悪い収納を置くことで、お部屋全体の収納量がむしろ減ってしまうことも。
例えば「棚受け」を付けると、その上下の空間が使えなくなってしまいます。これなら、普通の収納家具を置いたほうが収納量を確保できますよね。
毎日使うお部屋ですから、コーディネートは見栄えだけでなく「使い勝手」が良くてこそ。

自分でDIYするにしても、もっと「壁面に収納を取り付ける」ことの便利さを活かせるようにしたいところです。
では、初心者でも簡単に本格的な壁面収納を作る方法はあるのでしょうか?

簡単に『本格的な壁面収納』をDIYする方法は・・

インテリア性があって、なおかつ収納量も確保できる壁面収納。そんな
本格的な壁面収納はDIY初心者でも、作れるのでしょうか?

DIYで大容量の壁面収納を作る方法

大まかに大容量の壁面収納をDIYする手順は下記のとおりです。

1)壁面収納の設計図を作る

2)木材、金具、工具などの材料を集める

3)木材を加工して組み立て、固定する

最初の「壁面収納の設計図を作る」時点でかなりハードルが高く、さらに必要な「工具」を揃えるのにも最初にかなりのお金がかかってしまいます。
特に大きな家具である壁面収納を作るには、DIY上級者でないと正確に作ることは難しいでしょう。

そしてDIYには失敗はつきもの。
本当にDIYするかどうか判断するために、よくある失敗談も見ておきましょう。

「作るんじゃなかった・・」壁面収納DIYの失敗事例

慣れないうちに壁面収納のDIYに挑戦すると、こんな失敗をしてしまうかもしれません。

「木が綺麗に切れず、壁面収納全体が歪んでしまった」

手動のこぎりで木材を切るのは、実はかなり難しい作業です。木材を切った面は垂直でなければ壁面収納全体がゆがんでしまいます。
何度もやり直しても、それでも綺麗に作れないことも多く、歪みのある木材で作った壁面収納に重いものを乗せた場合、壁面収納が倒れてくる事故につながりとても危険です。

「壁や床に大穴をあけてしまった」

DIYをするには、金槌やドリルなどの道具は必須。そういった道具や材料は重く、簡単にお部屋の壁や床を傷つけてしまいます。
「手を滑らせた」程度のちょっとした不注意で、壁に大穴をあけてしまうこともあるので注意が必要です。

「電動工具で左手にケガをしてしまった」

電動のこぎりや電動ドリルなどの電動工具は、手動の工具のように力を入れずに加工できるのでとても便利。
しかし、自分の力を超えたパワーが出る分、コントロールを間違えば大きなケガにつながってしまいます。

関連記事:「壁面収納は自作でDIYできる?はじめる前に知っておきたい『失敗例』」

このように、初心者のうちは壁穴の補修などの家のダメージや、ケガをしての病院での治療費など、むしろ費用がかさんでしまうこともあります。
しかも、技術がないと思い通りに壁面収納をDIYで作れないので「自由さ」もほとんどありません。

実は、「安くて自由に作れる」というメリットを得られるのはDIYの上級者だけなのです。
では、初心者でも手間や失敗のリスクなく、本格的な壁面収納をDIYする方法はあるのでしょうか。

たった「1時間」の簡単DIYでつくれる本格的な壁面収納【壁面収納OSAMARU】

インテリアでありながら、実用的な壁面収納。
そんな「いいとこどり」を実現するのが【壁面収納OSAMARU】です。

木材の匠が設計し、厳選された国産木材から切り出されたパーツを組み立てるだけで高性能な壁面収納を作ることができます。
組み立てにかかる時間は、一番大型のタイプですら女性一人で約「1時間」程度。

壁面収納OSAMARUは、難易度の高い「設計」や正確に材料をカットする部分を木材のプロが行い、組み立てる部分を自分で行うことができるので、工事費用は必要なく、価格は据え付け型の壁面収納よりずっと安価。
しかも、フレキシブルで組み合わせしやすいシンプル構造だから、お部屋の間取りにぴったり合ったものを自由にお選びいただけます。

まったく部屋を傷つけることなく設置できるので、賃貸マンションでも安心して使うことができ、組み立てと同じく分解も簡単なので、いつか来る引っ越しの時もスムーズに移動させることが可能。

デザインはナチュラルな北欧風の木目で、どんな壁紙やアイテムにも合わせられる高いインテリア性も備えています。

そして肝心の収納力ですが、壁面収納OSAMARUの1コマの規格はノーマルタイプで「タテ325mm×ヨコ325mm×奥行き350mm」のブロック型で、A4サイズの雑誌もスッキリ収納できる大容量です。
壁面収納OSAMARUでお部屋の収納量が大幅に増えれば、これまで床やテーブルに置いていたモノをずっと少なく、スッキリ整理された状態にお部屋を保つことができるのです。

ただ生活しているだけでお部屋は散らかっていきますから、「いつでもひろびろと綺麗に片付けられている」状態を保つのは難しいもの。
ですが、壁面収納の圧倒的な収納量があれば、そんな「理想」も「現実」にできるのです。

1時間でサクッと作れる「壁面収納 OSAMARU」の組み立て方はこちら

お家に作る収納は、実用性も妥協しないことが大切です。
もちろんDIY自体が好きな場合は自作してもいいのですが、簡単に作れる壁面収納には限界があります。
もし「手の届く価格」で「自由な」壁面収納が欲しいのであれば、壁面収納OSAMARUを使わない手はありません。

インテリア性と実用性を高いレベルで備えたOSAMARUが、あなたの日常コーディネートをお手伝いします。

セクション線

page
top