人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

オフィスをリニューアル
カタログ請求
壁面収納 リビング 壁面収納 リビングのアイデア事例集

家族のあつまる『いつでもキレイなリビング』を壁面収納でDIY!

家族のあつまる『いつでもキレイなリビング』を壁面収納でDIY!

片付けても片付けても、いつの間にかまた散らかっているリビング。
家族みんなが使う場所だから、散らかりやすくて困ってしまいますよね。
特に小さなお子さんがいると、せっかく片付けたおもちゃが10分後には床に転がっていることも日常茶飯事です。

掃除しなくても、ずっとキレイなまま。
もしそんなリビングがあったら夢のように便利ですが、残念ながら掃除ゼロでもキレイなままのリビングはありません。

しかし、大容量の壁面収納【壁面収納OSAMARU】でリビングをDIYすれば、ずっと手間をかけずに「キレイなリビング」を保てるようにできるんです!壁面収納を活用したリビングなら、来客のたびに苦労して片づける手間もずっと楽に!
家族や友人も自然と集まる、特別なリビングをDIYしていきましょう。

壁面収納と『ちょこっとDIY』でリビングのかさばる掃除アイテムもスッキリ収納

他の部屋よりも多くの人が使うリビングは、面積も広く多めの掃除が必要になるため掃除アイテムは必須。
しかし、いざ置くことを考えると案外しまいにくいものが多いものです。
そんな掃除アイテムも、壁面収納OSAMARUがあれば収納場所には困りません!

壁面収納OSAMARUは標準の1コマが「タテ325mm×ヨコ325mm×奥行き350mm」の大型キューブタイプ。
収納全体の高さは最大で240cmと大容量!一般家庭の天井250cmのギリギリまで届くことで普通の収納では使いにくい天井スペースも全く無駄にしない仕様ならではのお掃除アイテムを収納するDIYをみてきましょう!

収納しずらい形状の「掃除機」もDIYで簡単収納

掃除アイテムはいくつかありますが、特に置く場所に困ってしまうのが掃除機です。
本体と長いノズル、オーソドックスなものではホースも付いているので、「どこに置いておこう・・・」と置き場所に悩んでしまいます。

しかも、掃除機のような日用品はリビングの雰囲気を壊しかねないので、あまり大っぴらに床置きしておきたいものでもありません。
とはいえ少なくとも数日に一回は使うので、「取り出しやすさ」も欲しいところ・・・

そんな掃除機は、壁面収納OSAMARUに収納しましょう!
壁面収納OSAMARUは素材が国産木材による木製なので、近年人気の「サイクロン式」を収納しておくフックをつけるのも簡単!外側にネジ式フックを取り付けるDIYができます。
部屋を傷つけられない賃貸マンションやアパートに住んでいても、これなら問題なくサイクロン式掃除機を収納しておくことができるんです!

また、OSAMARUはオーソドックスなタイプの掃除機を収納しておく場合にも便利です。最近ではモーターの性能が凄い速さで進化しており、かさばる本体もどんどん小型化しています。
そういった小型タイプなら、ホース類を外した本体のサイズは20cm×30cm×20cm前後の大きさが主流。
つまり、壁面収納OSAMARUの1コマに十分収納することができるんです!

木製の壁面収納OSAMARUならDIYも簡単。ちょっとしたフックを2つコマの上部に取り付けて、布を通したポールを乗せれば、簡易カーテンに。掃除機本体を見せないように簡単DIYが出来ます。
穴を開けたくなければ100円ショップの突っ張り棒に布を通すだけでも十分です。

ホース部分は円形に巻いて壁面収納OSAMARUのコマに収まるサイズの箱に入れ、隣のコマへ収納してもいいですし、側面に吊るすようのフックをDIYしてもOK!
折り畳めないパイプ部分はOSAMARU側面に吊り下げるのが邪魔にならずにおすすめです。

壁面収納OSAMARUは扉のないオープンな「見せる収納」ですが、隠したいところだけはしっかり隠せるようにDIYできるのも魅力的ですね。

ペーパー系のストックも大量収納

掃除機以外で掃除に使うアイテムとして必要なのは「クイックルワイパー」のようなフローリングモップや、その替えペーパーなどの消耗品。
床に散らばる細かいゴミやホコリは掃除機だけでは完全には掃除出来ません。

掃除機をかけたあとでも手で触ってみるとザラザラと細かいゴミが残っているのがわかりますよね。
最初に掃除機で大きめのゴミを吸い取って、仕上げはウェットなフローリングモップでチリ一つ無いピカピカのフローリングに仕上げましょう!

フローリングモップの替えペーパーは、一つ一つはさほど大きくありませんが、良く使うモノなので替えのペーパーはまとめてストックしておきたいところです。
とはいえ、リビングはもともと収納が少ないですから、収納のある洗面所やクローゼットに置いているというご家庭も多いのではないでしょうか?

ところが、壁面収納OSAMARUなら天井ギリギリまでとどく高さを選べるので、普段使いしないストックを大量に収納しておくことが可能で、必要になったらすぐに取り出すことができるんです。

フローリングモップ本体は、サイクロン式掃除機や掃除機のパイプパーツと同じように壁面収納OSAMARUの外側にフックをDIYして、壁側につるしておくことで目立たず収納しましょう。

『ゴミ箱』は壁面収納にまとめてリビングを清潔に保つDIY

このように壁面収納OSAMARUを使えば、必要な掃除アイテムをまとめてリビングに置いておくことができるんです。

ただ、リビングが散らかる原因はそれだけではありません。
みんなが集まる場所ということは、ゴミが出やすいお部屋ということでもあります。
最近ではゴミの分別基準も厳しく決められていて、1つのゴミ箱では足りません。
しかし、リビングにいくつもゴミ箱を置いておくと、リビングがゴミ箱だらけになってしまい見た目も良くありません。

そこで、壁面収納OSAMARUの一番下のコマを使って、分別できるゴミステーションを作ってみてはいかがでしょうか?
壁面収納OSAMARUの1コマになら「30リットル」規格のゴミ袋がぴったりフィットするので、市区町村指定のゴミ袋をそのまま使うことができます。
市区町村指定のゴミ袋の規格なので、それにあう立方体タイプのゴミ箱や箱は100円ショップやホームセンターで安価に手に入ります。

一つの壁面収納さえあれば、掃除機・クイックルワイパー・ぺーパーのストック・ゴミ箱を一か所にまとめることができるので、掃除の効率が段違いに上がりますよ!

置く場所が決まっていないから散らかるんです!『掃除しやすい』リビングを壁面収納でDIY

「いつでもキレイ」なリビングを作るには、掃除が簡単であることはとっても大切。掃除がしやすいリビングとは、テーブルや床にモノが散らばっていない状態です。
床やテーブルにモノが散らかっていると掃除の前に「掃除の為の片付け」が必要になってしまうんです。

掃除がしやすいリビングを作るには、リビングで散らかりがちなアイテムを収納しておくスペースがあることが必須。
片づけが簡単になれば、家族みんなも使ったものを元に戻してくれるようになりますので、そもそも散らかりにくくなる効果も期待できますね。

そこで、リビングにあるものをまとめて収納できるDIYアイデアについて見ていきましょう。

リモコン類

「家電の数だけリモコンがある」といっても過言ではないほど多いリモコン類。
テレビ用やブルーレイ用などを合わせると意外に数が多く、操作するたびに必要なのでついつい置きっぱなしになりがち。

こんなリモコン類の散乱は、壁面収納OSAMARUにリモコン用のバスケットを用意するだけで解決します。
普段は壁面収納OSAMARUの1コマにリモコン用バスケットを収納しておき、リビングに来たらテーブルの上に出す。
こんな簡単な習慣で置きっぱなしが当たり前のリモコンがまとめて収納できます。壁面収納OSAMARUは1コマのタテの高さが30cm以上あるので、少し高さのあるバスケットでもすんなり出し入れすることができますよ。

茶器類

ティータイムや来客の時に使う「茶器」。
ポットや急須なども合わせると案外かさばり、テーブルの上に置いておくとかなりの面積を占めてしまいます。
かといってキッチンからお茶を運ぶのも大人数であればあるほど手間ですよね。

壁面収納OSAMARUの1~2コマを使って、1つには「茶器類」もう1つには「茶葉や茶菓子」を入れておけばわざわざキッチンまでお茶を入れに行く必要はありません。

雑誌類や新聞

「雑誌類」や「新聞」もリビングを散らかしてしまいがちです。
壁面収納OSAMARUはA4サイズの雑誌でもスッキリ収納できる325mm×325mmのゆったりサイズ。
読み終わって残しておきたいものは壁面収納OSAMARUへ、もう読まないものは、1番下のコマに雑誌ストッカーやダンボールをいれて「古新聞入れ」を作っておくのが散らからないコツ。
まとまっていれば捨てる時にも手間がかかりませんね!

リビングはもっとも人が集まるお部屋でありながら、テレビなど置かれているモノが多いのでどうしても収納が少なくなりがち。
しかし、壁面収納OSAMARUでDIYすれば、散らかってもすぐにキレイな状態に戻せる魔法のようなリビングをデザインすることができます。

モノが散らかるのは置き場所が決まっていないからです。
バラバラにモノを置くから散らかるのですから、置き場所が決まっていれば散らからないリビングを作ることが出来ます。
壁面収納OSAMARUは、その「置き場所」をつくり、家族のあつまる快適な空間をつくることができるのです。

セクション線

page
top

LINE接客