壁面収納 本棚のアイデア事例集

たった1つの壁面収納に1470冊が収納できる!見せる本棚は漫画のコレクションに最適

壁面収納 本棚

日本の出版物のなかで最も出版部数が多いのが漫画で、実に出版物の3冊に1冊が漫画なのです。

それだけカルチャーとして定着している漫画は、どうしても活字の書籍よりも冊数が多くなってしまいがちです。

そのため、コレクションしている人の多くは収納問題に頭を悩ませているのです。

一般的な本棚は背丈が低い物が多く、また1つのコマのタテの高さが高すぎるため漫画を収納すると上部に無駄な隙間が多くできてしまい、漫画の収納にはむいていないのです。

しかし、それらの問題は壁面全体を本棚にすることができる【壁面収納OSAMARU】がすべて解決します。

サイズも置く場所も自由に選べて、あなたの「置きたい」に合わせてカスタマイズができるのです!

壁一面に「あの長編漫画」を並べよう!壁面収納の本棚で見せる圧巻のショーケース

漫画の単行本の背表紙が「一枚絵」になっているシリーズは全巻揃えて横一列で並べてコレクションしておきたいものです。

しかし、長編漫画ともなると市販の本棚ではどうしても横幅が足りず、結局2段に分けて並べることに・・・

こういった本棚のサイズによる制約も、ヨコのコマ数が自由に選べる壁面収納OSAMARUなら問題になりません。

漫画の単行本の収納にピッタリの「奥行き18cm」の薄型タイプのヨコ7コマの壁面収納OSAMARUを例に見てゆきましょう!

背表紙一枚絵の代表「ドラゴンボール」を並べてみよう!

背表紙で一枚絵を作れる有名な漫画といえば、ドラゴンボールです。

まず、ドラゴンボールの単行本は42巻あります。
1巻の厚さには多少ばらつきがあるので平均を1.5cmとすると、横幅の合計は63cmです。

加えて、「ドラゴンボール完全版」(全34巻)やフルカラー版(全32巻)、ドラゴンボール大全集(全7巻+補足版3巻)などを合わせても、一列に並べることができます。

これらコミックスの厚さは約2cmなので、横幅の合計は約152cm。
単行本全巻の厚さ63cmを足すと全長215cm、タテに積めば成人男性の平均身長よりも高くなります。

しかし、壁面収納OSAMARUのヨコが7コマのタイプは収納スペースの横幅合計が227.5cmもありますから、こんな膨大な量のコレクションでも「ヨコ1列」でスッキリ並んだ背表紙を楽しむことができるのです。

現在も連載中の「ジョジョの奇妙な冒険」を並べてみよう!

背表紙が「一枚絵」になっている漫画として「ジョジョの奇妙な冒険」も有名です。
1987年に週刊少年ジャンプに掲載が始まって以来、現在も連載が続いている歴史ある長編漫画です。

ジョジョの全巻を横一列に並べられたら、ジョジョファンにはたまらない壮観な眺めが作れることは間違いありません。

2019年9月時点で全125巻が発売されているので、1冊1.5cmとすると横幅の合計は187.5cmです。
これから更に連載が続くことを考えても、151巻までは横一列で陳列が可能です!

薄型タイプの壁面収納OSAMARUでは、タテのコマを最大10コマまで選ぶことができます。

最大サイズでは、ヨコ7コマ×タテ10コマの合計70コマ。
これは単行本にして、実に【1470冊】もの漫画がたった1つの壁面収納OSAMARUに収納できるということです。

このように長編漫画を横一列に並べて陳列できるのは、壁面収納OSAMARUの大容量ならではです。
ただしまうだけの本棚ではなく、圧倒的な収納力の「見せる収納」として長編漫画の壮大な景色を作り上げてください。

壁面収納本棚はこんなに大容量!何回も読み返したい名作漫画は書庫に愛蔵

壁面収納本棚はこんなに大容量!何回も読み返したい名作漫画は書庫に愛蔵

壁面収納OSAMARUの大容量タイプを選ぶことで、名作漫画を愛蔵するための書庫を作ることもできます。

1コマの大きさが最も大容量のタイプは「奥行き35cm」です。

全200巻ある代表的な長編漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」を例として、実際にどれくらい収納できるのか見ていきましょう。

このコマの大きさでは単行本サイズの漫画を横1列に並べるだけの収納方法だとコマの中の「上部分」と「前部分」のスペースが大幅に余ってしまうので「1コマの中」の収納方法にちょっとした工夫が必要です。

看板方式の「横積み収納」が収納力をアップする!

壁面収納OSAMARUに漫画をできるだけ多く収納するコツのひとつは、「倒して収納」することです。
横積みにすることで、コマのサイズに関係なく収納できるようになります。

ポイントは、「1巻目だけは立てて置く」こと。
表紙が見えるように立てて置くことで「看板」の役割を果たし、その後ろにある漫画が何かわかるようにするのです。

横積みなら厚さ1.5cmの漫画を縦に21冊も収納できます。
この横積みを1コマに4列以上作れるので、100冊近いこち亀が1コマに収納できてしまうということです!

長編漫画だけに、ある程度まとまった時間がないとなかなか手に取る機会がありませんが、いざ読もうというときまでコンパクトに収納しておくことが出来るのは、大容量の壁面収納OSAMARUならではの優れた特徴です。

壁面収納OSAMARUの本棚で「ほっと落ち着く」憩いの場

壁面収納OSAMARUの本棚で「ほっと落ち着く」憩いの場

壁面収納OSAMARUが活躍するのは、ご自宅だけではありません。
お客様にリラックスした時間を過ごしてもらうサービスの一つとして、お店に漫画を並べてみるのはいかがでしょう。

過ごす時間が長い場所には、自然と愛着がわいてくるもの。
お客様に「もっと過ごしたい」「また来よう」と思って頂けるような空間を、壁面収納OSAMARUで演出してみませんか?

スーパー銭湯

スーパー銭湯にぴったりなのが、タテのコマ数が2~3段の「ローボード収納」です。
安定しているので壁沿いだけでなく好みの場所に設置でき、本棚かつベンチとしても使えます。

大浴場から上がったお客様をさらに癒すアイテムとして、マッサージチェアやソファの近くに設置するのがおすすめです。

ペンション・旅館

ペンションや旅館のオープンスペースに漫画を並べるにも壁面収納OSAMARUは適しています。

ペンションや旅館などは、天井が高めに作られていることがほとんどですので、天井とつなげる転倒防止用アジャスターが使えない場合があります。

その場合は「コの字型」のタテ7コマタイプの壁面収納OSAMARUを並べる方法がおすすめです。

壁面収納OSAMARUをコーナー収納2つでジョイントした「コの字型」を1セットにして、このセットを壁際にいくつも並べてゆくと、壁面から背合わせの本棚が伸びている形の、非常に安定感のある書棚が出来上がります。

壁面収納OSAMARUは木製ですから、背合わせになっている部分は市販の連結金具で簡単に連結することができます。

この巨大な漫画図書館は名物の一つになって「休暇を使って好きなだけ漫画を読むため」に宿泊するお客様が増えるかもしれませんね。

漫画は、日本が誇るサブカルチャーです。

最近では電子書籍化されることも増えてきましたが、紙には「画面」では味わえない魅力があります。

持った時の重さや、手になじむ紙の肌ざわり。
少しずつ集めた漫画で本棚が埋まっていく嬉しさがあるのも、紙の漫画ならではです。

そんな漫画のコレクションを、壁面収納OSAMARUがサポートします。

page
top