人気サイズの壁面収納
壁面収納オーダーメイド

サイズや開口などご相談ください

壁面収納オーダーメイド

オフィスをリニューアル
カタログ請求
オーダーメイドの壁面収納 オーダーメイドの壁面収納のアイデア事例集

マンションで満足な収納を実現する家具!リフォーム不要のオーダーで壁面収納を注文するには?

マンションで満足な収納を実現する家具!リフォーム不要のオーダーで壁面収納を注文するには?

マンションで壁面収納を利用するメリット

マンションで壁面収納を利用するメリット

マンションで収納スペースが足りないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
お部屋の大きさや広さの関係上、限られた収納スペースを活用することが求められます。
そんな、マンションにお住まいで収納が足りなくてお困りの方におすすめなのは、OSAMARUの壁面収納です。
壁面収納を利用する事で様々なメリットがあります。

スペースを有効活用できる

壁面収納は壁一面を収納スペースとして使えるので、普段は使用しないデッドスペースを有効活用できます。
壁に沿って縦置で設置して使うので、通常の収納棚よりも多くの物を収納できます。
OSAMARUの壁面収納は自由にレイアウトを変更できるので、テレビ台として使ったり、リビングとの間仕切りで使ったりすることもできます。

インテリアとして使用することでオシャレな部屋に

OSAMARUの壁面収納は、素材は国産木材を使用し、塗装はしておりません。
そのため小さなお子様も安心して触れることができ、木のぬくもりを楽しめます。
壁一面を収納スペースとして使用するスケールの大きさは、本や食器などの設置する物やレイアウトを工夫することで、壁面収納自体をインテリアとして見映えを良くします。
OSAMARUの壁面収納を設置することで収納スペースも増えて、なおかつオシャレなお部屋に早変わり。収納スペースも広く使えて、かつ室内がオシャレに見えるのは一石二鳥ですね。

高さや奥行きが統一されるので見栄えが良くなる

設置する家具によっては、高さも幅もマチマチで凸凹してしまい、家具の色合いもバラバラだと見栄えも良くありません。
壁面収納は高さと奥行きを統一された状態で使用するので、OSAMARUの壁面収納を使用する場合は、色合いや素材は国産木材で統一されるので、調和の取れた収納スペースが出来上がり、見栄えも良くなります。

床から天井まで隙間が無いので掃除がとても楽になる

壁面収納は床から天井まで隙間なく収納として使用します。
今迄は冷蔵庫や食器棚の上に埃が溜まり、床と家具との隙間があることで、普段使わないスペースの掃除の手間がかかります。
壁面収納を使用すると、床から天井までピッタリと収納スペースとして使用するので、隙間が無く掃除もとても楽になります。

壁面収納を設置するおすすめの場所

壁面収納を設置するおすすめの場所

壁面収納は設置をするのに適した場所がありますので、それぞれおすすめの場所を紹介します。

リビング

はじめに、壁面収納を使用するのにおすすめの場所はリビングです。
家族が集まり食事をしたり語らいの時間を過ごしたり、一番人数の集まる空間といえます。
家族が長く集う空間なので、家族が様々なものを持ち寄るので、物が多くなり雑然とした状態になる事が多いでしょう。

リビングで壁面収納を使用するときは、他のスペースとの間仕切りとしての役割も一緒に持たせると、収納スペースも増えて整理しやすくなります。家族みんなが自分の好きなものを持ち寄り、ゲームをしたりお菓子を食べたり晩酌をしたりと、家族みんなで過ごす時間が増えるかもしれませんね。

キッチン

続いて壁面収納を使用するのにおすすめの場所はキッチンです。
キッチンで壁面収納を使用する際は、キッチン用具を同じ高さになるように壁側に揃える事で、
料理をする際に使用するキッチン用品をバラバラの高さの場所から取り出さずに済むので効率的に料理が出来るようになります。

壁面収納を使用する時にコンセントの導線を確保と、コンセントを増設可能にしておくこと、照明をどうするかをしっかり考えて使用しましょう。
新しいキッチン用品が増えても、たこ足配線で追加せずに済むので、配線がごちゃごちゃして乱雑に見える事も無くなります。
収納で使用するスペースも減るので、キッチンの周辺がゆったりとして、機能的なキッチンになることでしょう。

寝室

続いて壁面収納を使用するのにおすすめの場所は寝室です。
マンションにお住まいの場合、部屋数に限りがあるので、本当は自分だけのスペースが欲しいとか、書斎があったら良いのにとか、
希望がある人も多いのではないでしょうか。

壁面収納は間仕切りとして使用する事も出来るので、ベッドと壁の間に設置して奥を書斎やリモートワーク用のスペースとして使用するのも良いかもしれません。
間仕切りとしてではなく壁側に壁面収納を設置することでも、書斎やリモートワーク用のスペースを作ることも出来ます。
寝室を寝室以外の使い方が出来るのも壁面収納の魅力ですね。

マンションで壁面収納をする際のポイントは?

マンションで壁面収納をする際のポイントは?

マンションの契約内容を確認しましょう

壁面収納を使用する際は、マンションの契約内容を事前に確認しましょう。
特に、フルオーダーやオーダーメイドで、リフォームに近い設置工事を行う際は、
マンションの管理組合等に確認しておく事も必要かもしれません。

既製品、オーダーメイドなど予算に応じて選びましょう

壁面収納は壁一面を収納として使用するので、決して安価ではありません。
マンションのどの部分を、壁面収納に変更するのかを事前に確認し、予算やデザインに応じて選びましょう。

既製品だけだと、マンションの部屋の大きさや高さに合わせることができず、耐震や転倒防止の措置が取れないなど様々な問題が発生します。
また、完全なフルオーダーメイドで壁面収納を設置しようとすると、とても高額になりなかなか手が出せないでしょう。

OSAMARUでは既製品でも複数のサイズや大きさに対応しており、既製品とのオーダーメイドの組み合わせも可能です。
もちろんフルオーダーメイドにも対応しています。

完成図を想像して何を収納するのか事前に決めましょう

壁面収納は壁一面を収納として使用するので縦長になります。
リビングに設置する場合は、目に触れる機会が多い場所でもあります。
収納スペースは視認できる状態になるので、どの場所に何を収納するのか決めておく必要があります。

全部収納BOXに納めて隠してしまう状態だと、せっかく壁面収納を使用しても、圧迫感があり、壁面収納を使用する前よりも雑然としてしまうと、壁面収納を使用する意味が無くなってしまいます。見せる収納と隠す収納をバランス良く整えることが重要です。

どの場所に壁面収納を設置して、完成予想図はどのようになるのか。
家族でワイワイと相談しながら決めるのも楽しみのひとつですね。

マンション壁面収納はOSAMARUがおすすめ

マンション壁面収納はOSAMARUがおすすめ

これまでマンションで壁面収納を使用するメリットを紹介してきました。

壁面収納を使用方法として、
①既製品を組み合わせて使用する、
②家具屋にてフルオーダーで注文をする、
③既製品と一部オーダーの組み合わせで注文する、
といった3つのパターンが挙げられます。

ここで紹介するOSAMARUは、既製品のみの販売も行っており、インターネットで注文すると発送してもらえます。

ただOSAMARUのおすすめは何といっても、既製品とオーダーを組み合わせて相談が出来る事です。
既製品では寸法が足りない部分などはオーダーで調整してもらえるので、フルオーダーより安価で、
かつ、既製品のみを使用するよりは統一したデザインで仕上がります。

既製品の種類やサイズも豊富でカタログで比較でき、組み立て方も動画で丁寧に紹介しており、不明点があれば問い合わせをすると回答をもらえます。

既製品とオーダーの組み合わせで、マンションのどんな部屋タイプや形状でも、国産木材を使った壁面収納を導入できるので、
お部屋全体の収納スペースも増えて、収納以外で使えるスペースが拡大するので、全体的にお部屋も広く見えます。

木材は購入しようと思っても、配送が大変だったり、送料が高額になったりします。
OSAMARUなら、1万円以上の購入で送料無料も嬉しいポイントです。

OSAMARUの壁面収納で、マンションのお部屋のスペースを広く使えるようにしましょう。

セクション線

page
top

LINE接客